和歌と俳句

夏目漱石

11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

孔孟の道貧ならず稲の花

古ぼけし油絵をかけ秋の蝶

赤き物少しは参れ蕃椒

かしこまる膝のあたりやそぞろ寒

朝寒の顔を揃へし机かな

先生の疎髯を吹くや秋の風

本名は頓とわからず草の花

苔青く末枯るるべきものもなし

南窓に写真を焼くや赤蜻蛉

暗室や心得たりときりぎりす

化学とは花火を造る術ならん

玻璃瓶に糸瓜の水や二升程

剥製の鵙鳴かなくに昼淋し

魚も祭らず獺老いて秋の風

大食を上座に栗の飯黄なり

就中うましと思ふ柿と栗

稲妻の目にも留らぬ勝負哉

容赦なく瓢を叩く糸瓜かな

靡けども芒を倒し能はざる

むつとして口を開かぬ桔梗かな

さらさらと護謨の合羽に秋の雨

渋柿や長者と見えて岡の家

門前に琴弾く家や菊の寺

釣鐘をすかして見るや秋の海

菊に猫沈南蘋を招きけり