和歌と俳句

夏目漱石

11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

山の温泉や欄に向へる鹿の面

山門や月に立ちたる鹿の角

行燈に奈良の心地や鹿の声

岩高く見たり牡鹿の角二尺

雲少し榛名を出でぬ秋の空

押分る芒の上や秋の空

秋の空鳥海山を仰ぎけり

朝顔の今や咲くらん空の色

端渓に菊一輪の机かな

酸多き胃を患ひてや秋の雨

露けさの庵を繞りて芙蓉かな

かりがねの斜にわたる帆綱かな

雁や渡る乳玻璃に細き灯を護る

北窓は鎖さで居たり月の雁

侘住居作らぬ を憐めり

草刈の籠の目を洩る桔梗かな

桔梗活けて宝生流の指南かな

秋の蚊の鳴かずなりたる書斎かな

まのあたり精霊来たり筆の先

朝寒や自ら炊ぐ飯二合

初秋の芭蕉動きぬ枕元

手を分つ古き都や鶉鳴く

草尽きて松に入りけり秋の風

鞭鳴らす頭の上や星月夜

帰り見れば蕎麦まだ白き稲みのる