和歌と俳句

夏目漱石

11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

温泉の村に弘法様の花火かな

別るるや夢一筋の天の川

秋風や唐紅の咽喉仏

秋晴に病間あるや髭を剃る

秋の空浅黄に澄めり杉に斧

衰に夜寒逼るや雨の音

秋風やひびの入りたる胃の袋

立秋の紺落ち付くや伊予絣

骨立を吹けば疾む身に野分かな

蜻蛉の夢や幾度杭の先

取り留むる命も細き かな

仏より痩せて哀れや曼珠沙華

月を亘るわがいたつきや旅に菊

生き返るわれ嬉しさよ菊の秋

生きて仰ぐ空の高さよ赤蜻蛉

鶴の影穂蓼に長き入日かな

ともし置いて室明き夜の長かな

力なや痩せたる吾に秋の粥

頼家の昔もさぞや栗の味

天の河消ゆるか夢の覚束な

裏座敷林に近き百舌の声

雲を洩る日ざしも薄き一葉

鶺鴒や小松の枝に白き糞

寐てゐれば粟に の興もなく

冷やかな瓦を鳥の遠近す