和歌と俳句

夏目漱石

11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

君が琴塵を払へば鳴る秋か

ただ一羽来る夜ありけり月の雁

明けの色未だしき枕元

井戸の水汲む白菊の晨哉

蔓で提げる目黒の菊を小鉢哉

いたつきも怠る宵や秋の雨

形ばかり浴す菊の二日哉

菊の香や幾鉢置いて南縁

生垣の隙より菊の渋谷かな

蔵沢の竹を得てより露の庵

有る程の菊抛げ入れよ棺の中

萩に置く露の重きに病む身かな

冷やかな脈を護りぬ夜明方

迎火を焚いて誰待つ絽の羽織

朝寒や生きたる骨を動かさず

無花果や竿に草紙を縁の先

匂欄の擬宝珠に一つ蜻蛉

冷かな足と思ひぬ病んでより

冷やかに触れても見たる擬宝珠哉

稲妻に近くて眠り安からず

たのまれて戒名選む鶏頭

空に雲秋立つ台に上りけり

鬢の影鏡にそよと今朝の秋

朝貌や鳴海絞を朝のうち

懸物の軸だけ落ちて壁の秋