和歌と俳句

夏目漱石

4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14

累々と徳孤ならずの蜜柑哉

日あたりや熟柿の如き心地あり

かきならす灰の中より木の葉哉

汽車を逐て煙這行枯野

紡績の笛が鳴るなり冬の雨

挨拶や髷の中より出る

星飛ぶや枯野に動く椎の影

鳥一つ吹き返さるる枯野かな

さらさらと栗の落葉や鵙の声

空家やつくばひ氷る石蕗の花

飛石に客すべる音す石蕗の花

吉良殿のうたれぬ江戸は雪の中

面白し雪の中より出る蘇鉄

寐る門を初雪ぢやとて叩きけり

雪になつて用なきわれに合羽あり

僧俗の差し向ひたる火桶

生垣の上より語る小春かな

白旗の源氏や木曾冬木立

立籠る上田の城や冬木立

枯残るは尾花なるべし一つ家

時雨るるは平家につらし五家荘

藁葺をまづ時雨けり下根岸

堂下潭あり潭裏影あり冬の月

扶けられて驢背危し雪の客

戸を開けて驚く雪の晨かな