和歌と俳句

夏目漱石

4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14

家を出て師走の雨に合羽哉

何をつつき鴉あつまる冬の畠

降りやんで蜜柑まだらに雪の舟

このの喞つべき世をいぶるかな

温泉の門に師走の熟柿かな

温泉の山や蜜柑の山の南側

天草の後ろに寒き入日かな

日に映ずほうけし薄枯ながら

旅にして申訳なく暮るる年

の沖へとあるる筑紫潟

うき除夜を壁に向へば影法師

乾鮭のからついてゐる柱かな

兀として鳥居立ちけり冬木立

灰色の空低れかかる枯野

無提灯で枯野を通る

石標や残る一株の枯芒

枯芒北に向つて靡きけり

遠く見る枯野の中の烟かな

暗がりに雑巾を踏む

冬ざれや狢をつるす軒の下

や岩に取りつく羅漢路

巌窟の羅漢どもこそ寒からめ

釣鐘に雲氷るべく山高し

の鐘楼危ふし巌の角

梯して上る大磐石のかな