和歌と俳句

渡邊水巴

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

屋根瓦ずれ落ちんとして午寐かな

縁にしなふ竹はねかへし冷奴

を揉むま独りの月夜かな

いよよ秋の油足さうよ走馬燈

魂祭るものかや刻む音さやか

妻も来よ一つ涼みの露の音

御仏に供へたき鮎や月夕

の光放つてむかれたり

新月に刈萱活けて茶漬かな

若竹の高さすぐれたり秋の空

妹見よや銀河と云ふも露の水

どれもどれも寂しうひかる小蕪かな

鉢の梅嗅いで息づく寒夜かな

霊膳の湯気の細さや夜の

の音の幽けさに独り茶漬かな

選句しつつ火種なくしぬ寒雀

枯草にまじる蓬の初日かな

さざ波は立春の譜をひろげたり

空も星もさみどり月夜春めきぬ

浮葉みえてさざ波ひろき彼岸かな

潅仏の横向いてゐる夕日かな

海苔舟や鷺みな歩く潮の中

桃咲くやあけぼのめきし夕映に

てのひらに落花とまらぬ月夜かな

日と空といづれか溶くる八重桜