和歌と俳句

渡邊水巴

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

かたまつて薄き光のかな

水中の日に縄を張る田植かな

釣竿の竹大束や鰹船

墓原の鴉きこゆや氷店

下りまじき光や高う行く

白鷺の牡丹かすめて飛びあへり

花桐やながれあふ鷺脚黒き

新緑や皇居名残の霊柩車

ぼうたんや七宝焼の壺に紅たるる

離れ咲く牡丹は淡し椎落葉

初秋の花つけてゐる柘榴かな

蒼空や桑くぐりゆく秋の暮

秋風や墓の下なる滝の音

秋雨や藻刈すみたる水の上

あさがほの花照りそめつ後の月

秋晴れや白日雪をこぼすかに

草穂つかんで立つ蟷螂や佐久平

菊人形たましひのなき匂かな

大星雲すがるる菊にうちけぶり

白雲は乱礁の浪や雁来紅

友の肺に月夜沁むかも草の花

光こめて深くも裂けし柘榴かな

歯にあてて雪の香ふかき林檎かな

むらさきは霜がながれし通草かな

行けど行けど川浪高し蘆の花