和歌と俳句

渡邊水巴

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

秋雨や漆黒の斑が動く虎

獣見し匂さめたり雨の萩

年の夜やもの枯れやまぬ風の音

冬の夜やおとろへうごく天の川

月輪に万霊こもる霜夜かな

うすうすとけぶる梢や冬の月

頬白来しが跡もとどめず雪の暮

薄雪の消ゆるま照らす月夜かな

スタンドの燈は何さそふ雪夜なる

霜除や月を率き行くオリオン座

蒼白きものふるへ来る月の霜

みぞるるや戸ざすに白き夜の芝

ふるるものを切る隈笹や冬の山

日光はうつろ充たして枯野かな

貌すこしうごかしてやみぬ冬の蠅

一つ行きてつづく声なしかいつぶり

山茶花の散るさへ黒き眼鏡越し

鶯の眦さむし花八つ手

八つ手咲いて金の三日月よく光る

山雀が尾を打つ音の枯木かな

連翹は雪に明るき彼岸かな

降りしきる雪をとどめず辛夷かな

富士の雪解けぬまげんげさかりなる

雪の富士に藍いくすぢや橡咲いて

山葵田の水音しげき四月かな