和歌と俳句

渡邊水巴

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

天城越え褪せつつつづきけり

雉子啼くや卯つ木枯萱雲も見つ

天城嶺の雨気に巻きあふかな

高嶺つつむ雲の中こそ若葉なれ

渓若葉水裂く声は鶺鴒ぞ

蝦夷近き雨雲渡る早苗かな

渓流の音に雨添ふ田植かな

橡咲くや霧わたる音の原始林

マツチ擦れば焔うるはし閑古鳥

密林や少し明らみ橡の花

水音の中に句を書く新樹かな

新緑やたましひぬれて魚あさる

さみだれや襦袢をしぼる岩魚捕り

昼餉すやさくらは無くも楢の花

五月雨や蕗浸しある山の

十和田湖や幣の花かもななかまど

社参せぬ身に降りまされ五月雨

別るるや炭火なほ燃え閑古鳥

南海の藍うち晴れて野菊咲く

末枯や怒涛あびしか梧桐林

秋の暮花摘んで遍路足早な

紺の夜を朱の月いでぬ毘沙姑巌

月の餅搗くや鶏頭真ツ赤なる

西方に浄土の富士や秋の暮

月光にぶつかつて行く山路かな