和歌と俳句

渡邊水巴

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

がちやがちやや月光掬ふ芝の上

雁行のととのひし天の寒さかな

門松のたちそめし町や雁渡る

雁行に雲荒れもなし年の暮

雁過ぎて水仙に水さしにけり

笹鳴を覗く子と待つ雑煮かな

獅子舞や寒気煽つて耳震ふ

輪飾の歯朶青うして選句かな

ほんの少し家賃下りぬ蜆汁

汁粉できて竹の淡雪凍りけり

行春やうしろ向けても京人形

一斉に牡丹散りけり十三片

一つ籠になきがら照らす かな

いねし子に電車ひびくや魂祭

送り火や蒸し暑き夜を去りたまふ

鶴すぎしさざ波雲や葡萄吸ふ

夕映に何の水輪や冬紅葉

さわやかな耳あぶる朝の火桶かな

水仙の束とくや花ふるへつつ

箸にかけて山葵匂はし雪の暮

湯豆腐や輪飾残る薄みどり

並び寝の子と手つないで雪夜かな

炭斗や病む児にひびく蓋の音