和歌と俳句

吉武月二郎

短夜の月を見て来ぬ水前寺

花独活に山雲とべり雨の中

白雲や漕ぎつれ競ふ鰹舟

後ろより髪ほめてゐるかな

起し絵や淡き嫉妬の消えかはす

たそがれやぞろりと発ちし祭客

梢より蛍下り来ぬ麦筵

提灯にあかつき近し早苗取

田植唄きこえてあそぶ寺門かな

すててゆくかりに伏家や五月雨

蝉とりの友が誘へば泣くばかり

さからはぬみとり苦労の暑さかな

とりいでて団扇も去年の匂ひかな

月見草夜潮あそびの人通ふ

初夏の松風に棲む灯かな

炎天の涛に照られて月消ゆる

いくたびも山彦かへす夕焼かな

雲涼し窟をながるる菊池川

優曇華をみそむるこれの眼鏡かな

藻刈舟石の錨を落しけり

径芝の露とろとろと夏木立