和歌と俳句

吉岡禅寺洞

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14

子をくはへて秋猫土間をさまよへり

露の夜の仏に不意に蝋燭火

篠曲げて拙き罠や鳥の

かけ稲の樅噛み去るや時雨雲

大空に見えて落ち来る木の実かな

半蔀によりかかり見る出水かな

白川や二羽ゐてとびし石叩

露草の瑠璃をとばしぬ鎌試し

月の山人声ありてのぼりゐる

天の川この秋の客誰々ぞ

籾すりの有明月に灯消せり

貂棲んで剽軽鳴きや夜長宿

秋出水ささやき合ふてひきにけり

刈萱のたへにも白し草泊り

戸口なる紅葉明りや焼鳥屋

今日よりや落穂拾ひのかげを見ず

鶫罠赤き実撒いてこれでよし

そこはかとなき雑音や秋の暮

夕露に栗鼠の逃げたるあたりかな

瓜枯れてきちきちのとぶ西日かな