和歌と俳句

藤原良経

新古今集・雑歌
人すまぬ不破の関屋の板廂あれにしのちはただ秋の風

高円の尾上の宮の秋萩をたれきて見よと松虫のこゑ

宮城野の木の下風のはらふ夜は音も雫もむらさめの空

今宵しも八十宇治川にすむ月をながらの橋の上に見るかな

みやこよりわけくる人の袖見れば露ふかくさの野辺ぞしらるる

今宵ならでほかに見し夜は闇なれや今こそ月は須磨の浦波

なにゆへとおもひもわかぬ袂かなむなしき空の秋の夕暮れ

見ず知らぬ昔の人の心まであらしにこもる夕暮れの空

露のそで霜のさむしろいかならむ浅茅かたしく小野のふるさと

庭ふかきまがきの野辺の虫のねを月と風との下にきくかな

むら雨は程なく過ぎてひぐらしの鳴く山かげに萩の下露

うちなびく入江の尾花ほのみえてゆふな見まがふ真野の浦風

をく露をはらはで見れば浅茅原玉しく庭となりにけるかな

見る夢はみやまおろしにたえはてゝ月は軒端の嶺にかゝりぬ

ふるさとは庭の小萩の花盛り鹿なけとてや野辺となりにし

風ふけば玉ちる野辺に折れふして枕つゆけきをみなへしかな

清水せく森の下風ふきまよひ波にぞ浮かぶひぐらしのこゑ

宮城野の木の下露をかたしきて袖に小萩のかたみをや見む

須磨の関ふけゆく波の浮き枕ともなふぞ浦つたひぬる

やすらひに山こえやらぬ長月の月まちくらす袖の白露

山かげの水にひかりも満ちぬらむ嶺を離るゝ秋の夜の月

山ふかみ都を雲のよそに見て誰れ眺むらむ更級

広沢の池のみくさを吹き寄せて風よりはるゝなみのかげ

暗き夜の窓うつ雨におどろけば軒端の松に秋風ぞふく

草も木も野分にたえぬ夕暮れに裾野のいろの露ぞくだくる