鈴木内科医院 〒140-0011 東京都品川区東大井6-7-3 TEL03(3761)4049

9:30~12:30(月火水金土)16:00~18:00(月火水金)休診:木曜・土曜午後・日曜・祝日

Suzuki Naika Iin Homepage

東京・大井町にある内科クリニックです。地元で生まれ育った院長が近隣の皆様のかかりつけ医(東京都医師会認定かかりつけ医・品川区物忘れ相談医)として内科全般とそれをこえた広い領域のプライマリーケア診療をおこなっております。からだや健康に関する心配事や疑問をお持ちのかた。お気軽にご相談ください。

 

《新型コロナウイルス感染症対策》

来院時、マスク着用、アルコール手指消毒をお願いいたします。

発熱中の患者様は受診前にお問合せください。

お問合せ番号(診療時間内) 03 3761 4049

 

 

 

   

 

*         来院されましたらまず健康保険証、診察券、紹介状等を受付に提出するか、診察室で直接医師に提示してください。電子カルテを導入しておりますので受付手続き,診察、会計処理まですべて診察室で迅速におこなわれます。診察終了後、受付で会計を済ませ院外処方箋と領収書をお受け取りください。

 

*         基本健診、後期高齢者健診は予約不要です。生活習慣病早期発見のため受診をおすすめいたします。

 

*         リハビリテーション科としては、慢性腰痛や肩関節周囲炎(四十肩、五十肩)に対して関節拘縮改善を目的に低出力半導体レーザー治療器を用いた消炎鎮痛処置をおこなっております。

 

 

当院では近年以下のような多彩な疾患をあつかっています。

各専門学会の臨床ガイドラインを参考に個々の患者さまの特性を考慮した診療を心がけています。

生活習慣病 高血圧、脂質異常症、糖尿病、高尿酸血症、慢性腎臓病、肥満等

季節性流行性疾患 花粉症、インフルエンザ、マイコプラズマ、百日咳、熱中症等

神経精神疾患 軽度認知障害、認知症、パーキンソン病および類似疾患、脳血管障害後遺症、不眠症、不安障害、うつ状態、頭痛、めまい等

循環器、血液、内分泌疾患 冠動脈疾患、不整脈、弁膜症、心不全、貧血、甲状腺機能異常、更年期障害等

消化器疾患 肝炎,肝硬変、肝腫瘍、慢性膵炎,膵腫瘍、胆石症、胃炎、胃十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、過敏性大腸炎、感染性腸炎、習慣性便秘、血便,下痢、痔疾、虫垂炎、憩室炎、ヘルニア等

呼吸器疾患 喘息、COPD、感冒、咽頭炎、鼻副鼻腔炎、気管支炎、肺炎、胸膜炎、肺結核、肺腫瘍、慢性呼吸不全等

皮膚疾患 帯状疱疹、口唇ヘルペス、口内炎舌炎、口角炎、にきび、水虫、いぼ、接触性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、皮脂欠乏症、表深在性皮膚感染症、アトピー性皮膚炎、炎症後色素沈着、火傷、じょく創等

泌尿器疾患 血尿、蛋白尿、過活動膀胱、前立腺肥大に伴う排尿障害、膀胱炎、腎盂炎、腎尿管結石等

膠原病、整形外科領域疾患 慢性腰痛症、肩関節周囲炎、筋肉痛、関節痛、神経痛、骨粗しょう症、関節リウマチ、リウマチ性多発筋痛症、繊維筋痛症、神経障害性疼痛、こむらがえり等

その他 漢方治療、各種癌診断および経過観察、寝たきり患者在宅診療

 

 

                  

 

 

所在地 

 

 

140-0011
東京都品川区東大井6-7-3
Tel 03-3761-4049


JR大井町駅から徒歩5分。

京浜急行鮫洲駅、立会川駅から徒歩7分。

見晴らし通り商店街中程、セブンイレブン向かい側。

サトちゃんの大きな看板が目印の佐藤製薬のすぐ近くです。

 

 

診療科目

内科

放射線科

リハビリテーション科

保険医療機関、生活保護法指定医療機関、結核指定医療機関、難病治療指定医療機関、公害医療機関、身体障害者福祉法指定医の配置されている医療機関(肢体不自由)

 

品川区基本健診、後期高齢者健診、20歳からの健診(血液検査、尿検査、場合により心電図)がん検診(大腸癌、前立腺癌、胃癌リスク検診)結核検診(胸部レントゲン)肝炎検診(血液検査 B型肝炎、C型肝炎)

 

定期予防接種 DT(要予約)、先天性風疹症候群防止対策風疹抗体検査(予約不要)同風疹予防接種(要予約)、風疹第5期風疹抗体検査(予約不要)同風疹予防接種(要予約)有料予防接種 季節性インフルエンザワクチン(予約不要) 高齢者肺炎球菌ワクチン(要予約) 帯状疱疹ワクチン(50歳以上)(要予約)MR(要予約)、B型肝炎(要予約)

 

介護保険 介護認定主治医意見書の作成 訪問看護(リハビリ)指示書の作成

 

その他 往診、在宅診療、健康診断

診療時間

 

診療時間

Am9:30-12:30

Pm4:00-6:00

診日; 木曜・土曜午後・日曜・祝日

夏季休診、年末年始休診、その他臨時休診があります。

時間外に在宅診療をおこなっています。

 

医療設備・紹介先病院

 

X線装置、超音波診断装置(心臓・腹部)、心電計、ホルター心電計、呼吸機能検査器、半導体レーザー治療器などをそろえ生活習慣病を中心に内科全般の診療を行っています。

尚、当院には隔離待合室がございませんので、水痘や麻疹等の小児期感染症疑いの患児は近隣の小児科受診をおすすめいたします。

 

実施している主な検査

レントゲン:単純撮影(頭部、胸部、腹部、骨盤、脊椎、膝関節)。

超音波検査:心臓、上腹部(肝胆膵脾腎)、下腹部(膀胱、前立腺、子宮、卵巣)、軟部(皮下、甲状腺、乳房)、膝関節。

CT、MRI、RI、内視鏡、骨密度検査等:必要と判断した場合、当院から徒歩数分の東京品川病院との連携により、直接放射線科等担当科に検査予約し、結果も早急に直接当院へもどってきますので、わずらわしさがありません。

その他:心電図、24時間記録心電図、肺活量換気率等呼吸機能検査、動脈血酸素飽和度検査、血液検査、尿検査、糞便検査、喀痰検査、真菌顕微鏡検査、視力色覚検査、聴力検査等。

 

その結果、さらに詳細な検査や入院加療の必要がある患者様には近隣の病院を紹介します。

主な紹介先病院: 東京品川病院(旧東芝病院)、 NTT東日本関東病院、 日本医科大学付属病院、 昭和大学病院、 東邦大学医療センター大森病院、 都立荏原病院、 いすゞ病院、東京高輪病院、第3北品川病院、大井中央病院、牧田総合病院,大森日赤病院、がん研有明病院、都立広尾病院。

当院近隣の主な病院

 

低出力半導体レーザー治療器による疼痛治療について・・・詳細な原理は解明されていませんが、知覚神経をブロックする作用、交感神経を抑制し血管拡張により血流を改善する作用、疼痛物質を直接分解する作用などが考えられています。適応疾患は慢性関節リウマチ、打撲、捻挫、腱鞘炎等で、部位による効果の違いはありますが疼痛部に数分間照射するだけで、即座に鎮痛効果が得られる場合があります。レーザーの光の作用を利用しているので熱くありませんし、針などを刺すわけでもないので痛みもありません。効果と安全性の割りにまだ普及していませんが、当院では積極的に使用し患者様に喜ばれています。

在宅医療

かかりつけの患者様が自宅で寝たきりあるいはそれに準ずる状態で通院困難となった場合には在宅医療をおこなっています。

また、通院可能ながら、介護認定を受けたいというかかりつけ患者様には主治医意見書を作成いたします。その結果、要支援、要介護となられた患者様には自宅での療養に必要あれば訪問看護や訪問リハビリの指示書を作成いたします。老人保健施設等へ入所時の診療情報提供書も作成いたします。
 

当院は無床診療所ですが、患者様の自宅が当院の病床であるという発想の基に、開院当初より在宅医療を続けてまいりました。在宅療養支援診療所制度ができてからは在宅医の役割分担が明確になり、非支援診療所の当院では、近隣にお住まいで状態は安定しているが投薬等何らかの医学的処置が必要な通院困難となったかかりつけ患者様の診療をおこなっております。在宅医療には診療面のみならず家庭内の諸事情が診療方針に影響してきます。円滑におこなうには御家族の皆様とのつながりが非常に大切です。患家と行き来が簡単な近距離のかかりつけ医に在宅医療もしていただければ、いろいろな悩みや問題も解決は容易となります。かかりつけ医がなんらかの事情で在宅医療をおこなっていない場合、あるいはかかりつけ医がいない場合、往診医をさがすことになりますが、なるべく近隣で往診をされている開業医の先生にお願いするのがよいでしょう。

当院では区内の在宅医療に熱心な開業医の諸先生方と在宅医療研究会を作り連携してまいりました。往診医をお探しの皆様の参考になさってください。

品川在宅医療研究会

外国人医療

健康保険未加入の外国人患者様に対して当院独自の自己負担減額制度を行ってきましたが、近年3ヶ月以上の在留資格を持つ外国人の健康保険加入が義務化されたことにより、当院の減額制度は終了させていただきました。

外国関連リンク

 

当院の海外援助活動     

フィリピンのマニラ市を中心とする、貧しい子供たちやお年寄りに、直接出向いて現地のボランティアや医師の協力のもと、Show Your Love Now を合言葉に食料や医療の提供をおこなってきました。現在活動は休止中ですが機会があれば再開したいと思っています。

   

 

 

 

 

Copyright 2001-2021. Suzuki Internal Medical Clinic. All rights reserved.

当ホームページでおかりした素材の著作権はそれぞれの製作者に属します。