フェブラリーS(GT)

東京11R 距離1600m(ダート・左回り)
枠番馬番馬名騎手
[地]フジノウェーブ御神本訓史
(外)ノボトゥルー田中勝春
[地]アンパサンド戸崎圭太
フィールドルージュ横山典弘
クワイエットデイ角田晃一
メイショウバトラー福永祐一
ドラゴンファイヤー安藤勝己
ロングプライドO.ペリエ
メイショウトウコン武幸四郎
10 ブルーコンコルド幸英明
11 ヴィクトリー後藤浩輝
12 リミットレスビッド蛯名正義
13 [地]ビッググラス今野忠成
14 デアリングハート藤田伸二
15 ヴァーミリアン武豊
16 ワイルドワンダー岩田康誠


春のGT開催です。
ダイワスカーレットが回避しましたがメンバーは見劣りしない。
ヴァーミリアンにワイルドワンダー、フィールドルージュと重症の勝ち馬がそろっています。
そんな中頭一つ抜けていると言われるのがヴァーミリアン。
JCダートに勝っているだけあって人気となるでしょう。
ただし不安視されています。
JCBクラシックから使われ続け、川崎記念は取り消し。
それにドバイ前の試走だという噂。
また鞍上の武騎手に今年はまだ重賞勝ちが無いという。
去年の疲れがどこまで残っているのか。
取り消しがどこまで影響しているのか。
人気が落ちれば妙味だが軸としては不安。
ワイルドワンダーはマイルに適正があり直線の長い東京なら末脚を生かせる。
また前哨戦の根岸Sは雪で延長の馬場状態も最悪の状態で勝利している。
これは力をつけている証拠といえよう。
鞍上も岩田騎手と勝てる要素はある。
ただし大外で掛かってしまう可能性も。
それでも連に絡むのではないだろうか?
フィールドルージュは川崎記念を勝ち中央のGTを取りに来ている。
前走で久々のGT勝ちをした横典騎手は喜びも半端ではなかった。
今度は中央でGT勝ちが欲しいところ。
シルバーコレクターの呼び名を返上ししたいところだ。
精神面も強くなりきっちり仕上がっている。
抑えておいて損は無い。
他に気になるのはロングプライト、メイショウトウコン、ドラゴンファイヤー。
ロングプライドはペリエ騎手の騎乗で面白くなりそう。
メイショウトウコンもJCダートでワイルドワンダーに先着したように直線の長い距離は向いている。
抑えておいて損は無い。
ドラゴンファイヤーも実力的にはワイルドワンダーに引けをとらない。
実績がない分人気は劣るがその分当たればでかいだろう。


で、なる五郎の予想だ。
本命◎はヴァーミリアン
○はワイルドワンダー
▲はフィールドルージュ

馬連 15−16 4−15 7−15 8−15 9−15
枠連 8−8 2−8 4−8 5−8 2−4 2−5