高松宮記念(GT)

中京11R 距離1200m(芝・左回り)
枠番馬番馬名騎手
スズカフェニックス福永祐一
プレミアムボックス吉田隼人
(外父)ブラックバースピン中舘英二
ファイングレイン幸英明
マルカフェニックス武幸四郎
キョウワロアリング飯田祐史
スーパーホーネット藤岡佑介
リミットレスビッド内田博幸
フサイチリシャール川田将雅
10 (外)キンシャサノキセキ岩田康誠
11 ペールギュント上村洋行
12 (地)プリサイスマシーン松岡正海
13 マイネルシーガル柴山雄一
14 ナカヤマパラダイス木幡初広
15 トーセンザオー赤木高太郎
16 ローレルゲレイロ四位洋文
17 エムオーウイナー熊沢重文
18 タマモホットプレイ渡辺薫彦


前回は本命は当たりましたが、ブルーコンコルドは予想できず外してしまった。
今回は両方きちんと当たるようにがんばりたい。

今回は軸馬を決めるのは難しい。
1番人気になるであろう昨年の覇者スズカフェニックスは、鞍上が武騎手から福永騎手に変わっている。
しかも最内枠と確実とはいえない。
そうなると他の馬にもチャンスは来る。
そこで気になる馬をあげたいと思う。
まずは先ほど述べたスズカフェニックス。
上記の通り騎手が変わり最内とマイナス面があるが、
今年の中京の内はそれほど荒れておらず逃げ・先行の高速馬場となっておりこれらの馬が有利である。
差し馬であるものの最短を走れるスズカフェニックスには有利である。
しかも内から差す競馬も経験があるの問題ないだろう。
鞍上の福永騎手も中京芝1200で6勝している。
中京を知り尽くした男が何かをしてくれるだろう。
抑えておく必要がある。
1200に路線変更してから2連勝のファイングレインは着実に力をつけてきている。
瞬発力にも力が増し、調子は上々といえよう。
調教もアグネスタキオン、アグネスフライトと1級馬を輩出してきた長浜厩舎がGTで戦うために強化して行ってきた。
最大目標に向けてまさにピークである。
あとは鞍上の幸騎手に託すのみ。
他に気になる馬はマルカフェニックス、ローレルゲレイロ、キンシャサノキセキ。
マルカフェニックスは前走降着したもののレースの見ごたえは十分。
適距離であり純粋なスプリンターのこの馬なら見せ場を作ってくれるであろう。
今度は幸四郎騎手も無茶はしない。
ローレルゲレイロは逃げ馬なため、有利なのは間違いない。
平坦小回りで今年は高速馬場が荒れていないとなれば間違いなくこの馬が有利。
最強の1勝馬と揶揄され続けてきたがここにきて重賞2連勝。
以前のような詰めの甘さもなく目覚しい成長振りを見せている。
鞍上の四位騎手もウォッカの乗り代わりで無念に思っていたに違いない。
その思いをこのレースにで晴らすために、気合は十分だ。
キンシャサノキセキも先行馬で有利。
前走は外を走らされる不利がありながらも5着と健闘。
この枠ならうまく乗れれば連に絡むであろう。
穴馬として中京の巧者中舘が騎乗するブラックバースピン、先行残りに期待のエムオーウイナーを押したい。


で、なる五郎の予想は以下のとおり
本命◎はローレルゲレイロ
○はファイングレイン
▲はスズカフェニックス


馬連 4−16 1−16 5−16 10−16 1−4 3−16 16−17
枠連 2−8 1−8 3−8 5−8 1−2 8-8