桜花賞(JpT)

阪神11R 距離1600m(芝・右回り)
枠番馬番馬名騎手
デヴェロッペ吉田豊
(外)エーソングフォー四位洋文
エイムアットビップ福永祐一
マイネレーツェル内田博幸
オディール安藤勝己
(地)マダムルコント角田晃一
ポルトフィーノ出走取消
(地)ハートオブクィーン幸英明
リトルアマポーラ武幸四郎
10 トールポピー池添謙一
11 エアパスカル藤岡佑介
12 ベストオブミー岩田康誠
13 ソーマジック後藤浩輝
14 ルルパンブルー吉田隼人
15 レジネッタ小牧太
16 ブラックエンブレム松岡正海
17 シャランジュ村田一誠
18 エフティマイア蛯名正義


今回の桜花賞は阪神JF馬のトールポピーが参戦する。
そのためこの馬に人気が集まるのではないかと思う。
そしてこの馬に挑戦するのがリトルアマポーラ、オディールである。
この注目馬三頭はトールが頭一つ抜けているかなという感じで実力は同等と言ってもいい。
トールポピーはデビューから池添が手放さなかった馬。
阪神JFでも権利獲得馬を蹴って抽選のこの馬を選んだあたり資質を見抜いていた節がある。
今回もここを取りに来るであろう。
馬のほうは前走2着ではあったが休み明けながら鼻差と内容的には問題ない。
叩いた上積みはできたしあらゆる形から力を出せるのは強みだ。
状態も申し分なくあとは結果を残すのみ。
オディールはこの2戦負けてはいるが展開の問題で、特に前走の走りは先行馬有利の流れを払拭するほど。
どんな競馬にも対応できる強みがあり、状態も申し分ない。
ただ上積みがみこめないというところはありますが。
そのかわりマイナス要素はないので押さえておく必要はあり。
リトルアマポーラはマイルで3戦3勝の馬。
どんな馬場状態でもどんな強風でも衰えない脚力は頼もしい。
状態もよく武幸四郎も手ごたえを感じている。
ただ近年クイーンズSからの桜花賞直行は勝ったことがない。
それを払拭する実力はあるが果たして。
他に注目したい馬はソーマジック、ブラックエンブレム、エアパスカル。
穴でデヴェロッペ

で、なる五郎の予想は以下のとおり
本命◎はトールポピー。
○はオディール。
▲はリトルアマポーラ。


馬連 5−10 9−10 10−11 10−13 10−16 5−9
枠連 3−5 5−6 5−7 5−8 5−5