皐月賞(JpT)

中山11R 距離2000m(芝・内回り)
枠番馬番馬名騎手
タケミカヅチ柴田善臣
スマイルジャック小牧太
フサイチアソート横山典弘
スズジュピター後藤浩輝
レインボーペガサス安藤勝己
キャプテントゥーレ川田将雅
オリエンタルロック武幸四郎
ダンツウィニング池添謙一
マイネルチャールズ松岡正海
10 ブラックシェル武豊
11 スマートファルコン福永祐一
12 ベンチャーナイン武士沢友治
13 ドリームシグナル吉田隼人
14 ノットアローン藤岡佑介
15 サブジェクト岩田康誠
16 レッツゴーキリシマ幸英明
17 フローテーション内田博幸
18 ショウナンアルバ蛯名正義


アップが遅くなりました。
先週の700万は予想しにくい、でも一度でいいから当ててみたいですね。
今回はどの馬を本命にするか本当に悩みました。
桜花賞でもそうでしたが、突出した馬はいないと見ています。
なので桜花賞のように人気薄馬が勝つ可能性は十分あります。
いろんな新聞などの情報を元にがんばって予想してみたいと思います。

まずは注目馬はマイネルチャールズ、ブラックシェル、ショウナンアルバ、スマイルジャック。
V宣言の飛び出した松岡騎手のマイネルチャールズ。
弥生賞は馬体が減っていたが見事に勝利。
リフレッシュ放牧後は10キロも体を回復させて戻ってきた。
放牧中も休日返上で乗りに来ていたという松岡騎手。
脅威の回復に驚いていたそうだ。
大一番を前に大きく成長してきたこの馬。もちろん今回もきっちり仕上がっている。
父ブライアンズタイムの産駒は皐月賞で4勝2着2回と相性のいい血筋。
もちろんこの馬も連に絡むだろう。
唯一気になるのはV宣言したことで自分自身にプレッシャーで追い込んだのではというとろ。
仇にならないことを祈るのみ。
ブラックシェルはマイネルチャールズとは2回戦って2回とも負けている。
でも陣営はホープルSは出遅れ、弥生賞はコース取りの差で完全に勝負が付いたわけではないとのこと。
状態も申し分なく全てが順調とのこと。
巻き返しに気合十分。
血統もクロフネの仔と申し分ないが、気になるのは重賞を制したのはフサイチリシャールとオディールのみ。
同期のアグネスタキオンに大差をつけられている。
だがその心配を払拭するのが松田国師。
師はクロフネ、フサイチリシャールとGT制覇を成し遂げている。
クロフネ血統を知り尽くしているだけに能力を十分引き出していると見ていい。
鞍上の武騎手はドバイ後から調子が今ひとつ。
これも懸念材料であるため、ここは押さえておくだけがいいかもしれない。
ショウナンアルバはまともに掛かった前走、それでもバテずに0秒2差の3着。
この中間は我慢を覚えさせ、体調も万全。
大外と不安ではあるが鞍上の蛯名騎手は雨で内も悪くなってそうなので外でよかったと強気。
折り合いがカギとなるがチャンスは十分。
スマイルジャックは桜花賞で初のGTを手にした小牧騎手が騎乗。
前走、前前走と好成績を残している小牧騎手とは相性が良さそうでチャンスは十分ある。
厩舎も期待している騎手だけあって、力が入っている様子。
果たして2週連続GT制覇になるか。
状態も申し分ないし精神的にも成長した。あとは結果を待つのみ。
好配当を狙うならフサイチアソート、レインボーペガサス、レッツゴーキリシマ。
フサイチアソートは弥生賞で人気を落としているが、実力は十分。
レインボーペガサスは穴狙いで。土曜の調子が良かったアンカツに期待。
レッツゴーキリシマは、ゴウゴウキリシマ、ゴールドキリシマの弟。
上二人は人気薄で好配当をだしている。
この馬も朝日FSで10番人気で2着と万馬券に貢献。
チークピーシ−ズのおかげで集中力が出て状態は申し分ない。
今回も万馬券の立役者となる可能性がある。

で、なる五郎の予想は以下のとおり
本命◎はブラックシェル
○はショウナンアルバ
▲はマイネルチャールズ


馬連 10−18 9−10 2−10 3−10 5−10 10−16
枠連 5−8 5−5 1−5 2−5 3−5 3−8