NHKマイルカップ(JpnT)

東京11R 距離1600m(芝・左回り)
枠番馬番馬名騎手
サトノプログレス横山典弘
(外)アンダーカウンター小林淳一
スプリングソング池添謙一
レッツゴーキリシマ幸英明
ブラックシェル後藤浩輝
エイムアットビップ松岡正海
ドリームシグナル吉田隼人
サダムイダテン岩田康誠
ディープスカイ四位洋文
10 アポロフェニックス柴田善臣
11 (外)ゴスホークケン内田博幸
12 リーガルスキーム安藤勝己
13 セッカチセージ田中勝春
14 (外)ダノンゴーゴー藤岡佑介
15 (外)ファリダット武豊
16 (外)エーシンフォワード福永祐一
17 (外)アポロドルチェ勝浦正樹
18 ダンツキッスイ藤田伸二


先週は枠で取れたが、配当が低く損してしまった。
メイショウサムソンがまさか来るとは思わなかったからだ。
ただ、復活といわれているがまだまだだと思う。
馬もそうだが武騎手も昔なら勝てただろう。
ただ先週の騎乗後、土曜は4勝と調子が上がってきている。
武騎手の騎乗馬は注意が必要。

さて、今回の注目馬はディープスカイ、ゴスホークケン、レッツゴーキリシマ、エーシンフォワード。
ディープスカイは今調子のいいアグネスタキオン産駒。
この馬も実力の片鱗を見せるレースを前走見せている。
毎日杯では一頭だけ次元の違う末脚を見せて楽勝。
そして皐月賞ではなく、NHKマイルに挑戦してくるあたり適正距離と見ていい。
状態も申し分なく、仕上がりも完璧。
気になるのは馬場状態だけ。馬場状態が悪いと決め手が半減するとの声もある。
血統からすれば大丈夫だと思うが果たして…。
ゴスホークケンは前走のニュージーランドTでは調整ミスと落鉄という負けた理由はわかっている。
追い切りでミスをした内田騎手も今回は名誉挽回と力が入る。
気になるのは馬場状態。ぬかるんでいると気にするようなので乾いているほうがいいとか。
馬場しだいでは微妙である。
レッツゴーキリシマは前走はやはり不安視していた距離がネックに。
それでも5着と見せ場はあった。
それを考えると今度は距離が適正で前走見せた実力の片鱗があれば今回のほうが見せ場があると思う。
状態も良く、枠が決まったとき内枠で喜んだところを見ると陣営は相当自信があるようだ。
エーシンフォワードは朝日杯こそ9着だがそれ以外は2着以降がないという堅実な成績を収めている。
前走は乗り役が代わったものの2着と実力は問題ない。
陣営も状態が申し分なく自信を持っているようで、今度こそという意気込みが。
鞍上もお気に入りの馬で評価も高い。
陣営、鞍上ともに自信を持って挑んでくる。
ほかに気になるのは、適正がマイルまでとわかり自信を深めたファリダット。
ニュージーランドTを勝ったサトノプログレス。
配当妙味はブラックシェル、サダムイダテン。


で、なるみ五郎の予想は以下のとおり
本命◎はディープスカイ
○はゴスホークケン
▲はエッツゴーキリシマ

馬連 9−11 4−9 9−16 1−9 9−15 5−9 8−9
枠連 5−6 2−5 5−8 1−5 5−7 3−5 4−5