ヴィクトリアマイル(JpnT)

東京11R 距離1600m(芝・左回り)
枠番馬番馬名騎手
テンイムホウ柄崎将寿
ブルーメンブラット後藤浩輝
(外)ローブデコルテ福永祐一
ジョリーダンス安藤勝己
ピンクカメオ内田博幸
エイジアンウインズ藤田伸二
タニノハイクレア的場勇人
パーフェクトジョイ池添謙一
ウオッカ武豊
10 アルコセニョーラ田中勝春
11 トウカイオスカー横山典弘
12 ヤマニンメルベイユ柴山雄一
13 ニシノマナムスメ吉田隼人
14 タイキマドレーヌ北村友一
15 ベルモントプロテア小野次郎
16 マイネカンナ岩田康誠
17 ベッラレイア秋山真一郎
18 レインダンス武幸四郎


さて今回はヴィクトリアマイルです。
ダイワスカーレットが出場せずウォッカで決まりではないかと言われていますが、
ドバイ遠征の影響が残り回復しながらの調教との噂があります。
またベッラレイラが7ヶ月の休み明けでのブッツケ本番。
この2頭を軸として考えるのは不安が残ります。
そんななか光って見えるのがニシノマナムスメ、ブルーメンブラット。
ニシノマナムスメはマイラーズCで持ち味の末足を生かしクビ差の2着。
勝った馬がカンパニーということを考えれば、牡馬とのクビ差は上出来といえよう。
産駒もアグネスタキオンとNHKマイル及び天皇賞で勝った馬と同じ血統ならその力も頷ける。
しかも母ニシノフラワーは桜花賞やスプリンターズSを勝った名マイラーで良血であるといえる。
間違いなくこの距離は適正である。
現在の状態は申し分なくいい状態を保っている。
陣営もウォッカの状態が良くない今、引けを取ることは無いと強気。
チャンスは十分と期待している。
鞍上も気合十分でこのレースを取りに来ている。
あとはレースを待つばかりという状態だ。
ブルーメンブラットは前走流れが勝ち馬に向いただけで展開が変わっていれば勝っていた。
それでもあの追い込みなら負けてなお強といったところ。
陣営は去年の秋の府中で連勝したときくらい状態は言いと強気でいる。
鞍上の後藤騎手も前回の結果は相当悔しいらしく、今回は絶対に勝つ気でいる。
唯一の不安は距離だが、1800でも勝った経験はあるので絶好調の今なら問題ないかもしれない。
他に気になるのはローブデコルテ、ジョリーダンス、トウカイオスカー。
ローブデコルテはオークスで勝って以来勝ち星なし。
終わった感があるが、今回からシャドーロールを着用してからガラっと変わっている。
反応は良くなり2週連続ビシッと調教ができた。
状態は申し分なくダイワスカーレットが出走しないと聞いた陣営はテンションが上がり色気も出ているようだ。
ジョリーダンスは東京マイルは安田記念で3着したようにベスト条件。
去年と違い絶好のローテーションで来ている。
叩き2戦目の上積みはもちろん、濃い調教で状態も申し分ない。
陣営も生涯最高のデキと好感触。
前走は直線で他馬を邪魔して目一杯追えず惜しいレースだった。
年齢の衰えは無く、まだ成長している晩成型。
展開によっては差し切ってしまう可能性がある。
重賞勝ちは無く、連帯も無いトウカイオスカー。
実績は劣るが素質は十分あり、血統も父がトウカイテイオーと申し分ない。
東京はマイルで2勝している。
うまくハマれば連に絡む可能性は大。
トウカイポイントも同じ血統で14年にマイルCSを勝っているだけに侮ることはできない。
その他押さえに、エイジアンウインズ、ウォッカ、ベッラレイラを。

で、なるみ五郎の予想は以下のとおり
本命◎はニシノマナムスメ
○はブルーメンブラット
▲はウォッカ

馬連 2−13 9−13 4−13 11−13 2−13 6−13
枠連 1−7 5−7 2−7 6−7 2−7