日本ダービー<東京優駿>(JpnT)

東京10R 距離2400m(芝・左回り)
枠番馬番馬名騎手
ディープスカイ四位洋文
サクセスブロッケン横山典弘
ブラックシェル武豊
タケミカヅチ柴田善臣
アグネススターチ赤木高太郎
モンテクリスエス福永祐一
スマイルジャック小牧太
アドマイヤコマンド川田将雅
マイネルチャールズ松岡正海
10 レインボーペガサス安藤勝己
11 レッツゴーキリシマ幸英明
12 サブジェクト吉田豊
13 ベンチャーナイン武士沢友治
14 (外)エーシンフォワード和田竜二
15 フローテーション藤岡佑介
16 メイショウクオリア岩田康誠
17 ショウナンアルバ蛯名正義
18 クリスタルウイング内田博幸


混戦模様といわれるダービー。
これといった有力馬がいないのが原因である。
実績を見るとNHKマイルの1着、2着、皐月賞2着、3着といるが軸にするほどの強さは見れない。
ただ過去のデータから皐月賞直行組みが好成績を残している。
また弥生賞組みは連帯率が高い。また2枠3枠の連帯率も高くなっている。
そのあたりを加味して今回注目している馬を紹介。
まずは2枠の2頭から。
ブラックシェルはNHKマイルで2着。
前走は初のマイル戦で2着だから上々といえる。
元々千八百〜二千を使われてきたので距離延長でも十分対応できる。
状態も問題なくゆったり走れる東京は合っている。
あとは能力を十分に引き出し最後にいい脚が出ればこのメンバーならチャンス十分。
タケミカヅチは皐月賞2着馬。
まだ1勝だけだが能力は高く、一戦ごとに課題をこなして成長している。
ここに来て気性の幼さが抜け心身ともに成長しているから能力の底はまだまだ先。
折り合いもつくので距離が伸びても心配ない。
もたれる癖があるため右よりは左のほうがベスト。
唯一勝っているのも左回りなので好条件である。
状態も良く、陣営もやるべきことは全てやったとダービーに向けて万全。
鞍上の柴田善臣騎手も久しぶりにダービーで良い話ができると気合十分。
余談であるが大江原調教師は騎手時代中山大障害を勝ったのが2枠4番。
同じ枠を引いたことで運があると喜んでいるとか。
皐月賞組みでは有力候補といっていいだろう。
1枠のディープスカイはNHKで本命にした馬。
おかげで勝たせてもらいました。
皐月賞ではなくNHKを選んだのは適正距離ということと目標にしていたからだと予想。
だから本命に下のだが、今回は?
陣営の話では状態を見て参戦を決めたとのこと。
状態も申し分なく距離も掛かる馬ではないので問題ないだろう。
キングカメハメと同じローテーションで変則2冠を目指す。
果たしてキングカメハメと同じ能力はあるのか。
押さえておく価値はある。
他に気になるのはアドマイヤコマンド、フローテーション、クリスタルウイング。
アドマイヤコマンドは青葉賞を完勝し一躍ダービーの主役候補になった馬。
二千四百を経験しているのは強みだ。
しかも前走は遊び遊びで走っての完勝。能力は高いと見ていいだろう。
学習能力も高く、一戦ごとに成長している。
心肺機能も高くこのメンバーなら大仕事をしてしまうかもしれない。
キャリアは低いものの状態は好調で侮れない存在だ。
フローテーションは橋口厩舎が出す一頭。
1999年から2006年まで毎年ダービーに出していた橋口厩舎だが去年は出走させられず。
その悔しい思いをこの馬に託しダービーを取りに来ている。
ダービーを目標に調教師をやっているという橋口調教師。
状態はもちろん調教もしっかりとこなしている。
もたれてしまうがそれは右回りだから。左回りなら問題ないと陣営は色気を出している。
人気薄だが高配当に繋がる可能性がある。
クリスタルウイングは前走2着でがっかりしている陣営。
勝ってダービーへという青写真が駄目になったがその悔しさをここで晴らすため万全の体制で挑む。
内田騎手も馬を理解し今度こそと気合十分。
大外だが折り合いさえつけば一発がある。
あと抑えておくべきは前残りが多い最近のレース。
逃げ馬であるアグネススターチの走りによっては先行馬のマイネルチャールズ、ショウナンアルバ、
モンテクリスエス、メイショウクオリアに注意が必要。

で、なるみ五郎の予想は以下のとおり
本命◎はタケミカヅチ
○はディープスカイ
▲はクリスタルウイング


馬連 1−4 4−18 3−4 4−8 4−9 4−10 4−15 4−16 4−17
枠連 1−2 2−4 2−5 2−7 2−8 2−3