宝塚記念(GT)

阪神11R 距離2200m(芝・左回り)
枠番馬番馬名騎手
インティライミ佐藤哲三
メイショウサムソン武豊
フォルテベリーニ鮫島良太
アルナスライン和田竜二
サクラメガワンダー福永祐一
アドマイヤオーラ安藤勝己
アドマイヤフジ川田将雅
ロックドゥカンブ岩田康誠
エイシンデピュティ内田博幸
10 ドリームパスポート蛯名正義
11 アサクサキングス四位洋文
12 カンパニー横山典弘
13 アサカディフィート小牧太
14 エアシェイディ後藤浩輝


さて、春のGTもラストになりました。
今回は有力どころウォッカ、ダイワスカーレット、ディープスカイ、カワカミプリンセスもいない。
その中で頭一つ抜けているのはメイショウサムソンと言われている。
馬も復調の兆しを見せてはいるが、騎乗する武豊かがイマイチ重賞で勝ちきれていない。
石橋から乗り代わりで1勝上げてからまったく勝っていないのだ。
状態は良く順調に来ているが瞬発力がない分、マークされると厳しい。
それは前走で証明された。今回もマークされれば落とす可能性がある。
内枠だと軸にするのは難しい。ただしデータでは一番人気は連対率は高い。
押さえておく必要がある。
他に気になるのはアルナスライン、ロクドゥカンブ、アサクサキングスの4歳馬。
ロックドゥカンブはここ3戦勝ちはないが遅生まれのためそれも仕方がない。
休み明けの前走で3着と叩きとしては十分な成績。
しかも距離適正から言えば二千二百の今回がちょうど良い。
負けた3戦は二千二百以上なので間違いないだろう。
馬場状態も悪くなれば、それだけ有利になる道悪を気にしないタイプ。
4歳牡馬は弱いといわれているがここらで結果を出したいところ。
その筆頭がこの馬だろう。
アサクサキングスは調教方法を変え、ビシッとハードなものにしてきた。
イライラした面もなくなり良い状態になっている。
枠も申し分ないが道悪は苦手なため量馬場でなければ差し引きが必要。。
アルナスラインは気合が乗って良い感じに仕上がった様子。
道悪も苦にしないので、馬場が悪ければチャンスはある。
和田騎手もテイエムオペラー依頼の重賞制覇に力が入っている。
一発の可能性はある。
他に気になるのはインティライミ、アドマイヤフジ。ただし馬場が荒れていればの話。
穴狙いならカンパニー。陣営は一発を狙っているそうだ。
人気にならないのが不満と噂もある。くれば人気薄で面白い。

なる五郎の予想は以下の通り。
本命◎はロックドゥカンブ
○はメイショウサムソン
▲はアルナスライン

馬連 2−8 4−8 8−11 1−8 8−12 7−8 8−9
枠連 2−5 3−5 5−7 5−6 1−5