高松宮記念(GT)

中京11R 距離1200m(芝・左回り)
枠番馬番馬名騎手
(外)コスモベル佐藤哲三
ソルジャーズソング北村友一
(外)アポロドルチェ勝浦正樹
スリープレスナイト上村洋行
トウショウカレッジ内田博幸
ウエスタンダンサー川田将雅
アーバンストリート福永祐一
(外)ファリダット四位洋文
(外)キンシャサノキセキ岩田康誠
10 ファイングレイン幸英明
11 アイルラヴァゲイン津村明秀
12 ヘイローフジ飯田祐史
13 ローレルゲレイロ藤田伸二
14 ドラゴンファング藤岡佑介
15 (地)アーバニティ横山典弘
16 ビービーガルダン武幸四郎
17 スプリングソング池添謙一
18 ジョイフルハート太宰啓介


フェブラリーSはカジノドライヴが残念ながら2着でしたが押さえていたサクセスブロッケンが来たので取ることが出来ました。
今回も取れるようがんばりたいと思います。

で今回の注目馬はファリダット、ローレルゲレイロ、アーバニティ。
ファリダットは高松宮記念を春の最大目標に。
千二百の経験は1回だけだが2着と好走。
最速の上がりで内容も優秀。
前走は筋肉が落ち気味だったので使って張りを戻した。
7着ではあるがそのことを考えると叩きとしての結果なので気にすることは無い。
今週はGT使用の調教でハードに。仕上げは申し分ない。
母はビリーヴで短距離GT2勝している。
血統も申し分ないし、短距離に強いことが分かる。
目イチの仕上げなら上位に来るだろう。
ローレルゲレイロは去年と同じローテーションで参戦。
去年は阪急杯で1着後、高松宮記念では4着だった。
ただし、去年は2連勝の勢いで出走と言う流れで余力があまり無かった。
今年はここを目標にしていたので余力は十分。
さらに暮れに外国馬合手にスピード勝負を経験した。
この経験と千二百仕様の仕上げで今年は取りに来る。
あとは藤田騎手が強気の逃げで攻めれば勝機は十分ある。
アーバニティは初の千二百が韓国馬事会で1着。
前走のオーシャンCは直線で前が詰まりながらも1着と実力はある。
ただ気になるのは連闘であること。
余力があるのか疑問がつくが、そこは血統がカバーする。
姉のスティンガーは連投したにもかかわらずGT制覇している。
今週の軽快な動きからも疲れは感じさせず、姉同様タフネスであることが窺える。
鞍上の横山騎手は今年すでに重賞6勝をあげている。
波に乗っている横山騎手とのコンビでGT制覇を狙う。
他に気になるのはビービーガルダン、ドラゴンファング。
押さえにスリープレスナイトにキンシャサノキセキを。

で、なる五郎の予想は以下のとおり
本命◎はファリダット
○はローレルゲレイロ
▲はアーバニティ


馬連 8−13 8−15 8−16 8−14 4−8 8−9 13−15
枠連 4−7 4−8 2−4 4−5 7−7