桜花賞(JpT)

阪神11R 距離1600m(芝・右回り)
枠番馬番馬名騎手
ダノンベルベール後藤浩輝
ツーデイズノーチス松岡正海
ショウナンカッサイ幸英明
ヴィーヴァヴォドカ村田一誠
アイアムカミノマゴ武豊
ワンカラット藤岡佑介
サクラミモザ北村宏司
デグラーティア浜中俊
ブエナビスタ安藤勝己
10 コウエイハート川田将雅
11 レディルージュ鮫島良太
12 (地)イナズマアマリリス池添謙一
13 カツヨトワイニング大庭和弥
14 ルージュバンブー小牧太
15 ジェルミナル福永祐一
16 ルシュクル佐藤哲三
17 アンプレショニスト横山典弘
18 レッドディザイア四位洋文


今回の桜花賞はブエナビスタが大本命。
もう、この馬に関して何か言うことはないでしょう。
この馬の強さは誰もが知るところ。
陣営も死角はないと豪語している。
鞍上のアンカツも圧勝と言っている。
軸はこの馬で問題ないでしょう。
問題は相手。
気になるのはレッドディザイア、ダンノベルベール、ジェルミナル。
レッドディザイアは前走の勝ちっぷりが圧勝。
ブエナビスタに引けを取らないだろう。
仮に土をつけるとしたらこの馬かもしれない。
大外が気になるところではあるが、陣営は気にしていない様子。
どれだけやれるかが楽しみ。
ダンノベルベールはまた栗東に早めに入った。
以前もこれで好成績を残しており、今回は二度目とあってすぐに慣れた様子。
調教もうまくいき、阪神JFよりもパワーアップしていると陣営。
展開しだいでは一発もあると見ているよう。
デビュー以来一番言い状態と言う陣営、最内枠ではあるが期待しているようだ。
ジェルミナルは前走はここに向けての叩き。
勝ち負けよりも筋肉がイメージどおりについたことに陣営は評価している。
良い状態で本番が迎えられ、目標のここを勝ちに来る。
他に気になるのはツーデイズノーチス、ヴィーヴァヴォドカ、ワンカラット、サクラミモザ、ルージュバンブー。


で、なる五郎の予想は以下のとおり
本命◎はブエナビスタ。
○はレッドディザイア。
▲はダンノベルベール。


馬連 9−18 1−9 2−9 4−9 6−9 7−9 9−14 9−15 9−18
枠連 5−8 1−5 5−7 2−5 3−5 4−5