皐月賞(JpT)

中山11R 距離2000m(芝・内回り)
枠番馬番馬名騎手
ロジユニヴァース横山典弘
リクエストソング後藤浩輝
サトノロマネ北村宏司
トライアンフマーチ武幸四郎
ミッキーペトラ田中勝春
ベストメンバー四位洋文
ナカヤマフェスタ蛯名正義
メイショウドンタク藤田伸二
(地)イグゼキュティヴ松岡正海
10 ゴールデンチケット川田将雅
11 アーリーロブスト福永祐一
12 フィフスペトル安藤勝己
13 (地)モエレエキスパート三浦皇成
14 アントニオバローズ角田晃一
15 セイウンワンダー内田博幸
16 アンライバルド岩田康誠
17 シェーンヴァルト北村友一
18 リーチザクラウン武豊


桜花賞のブエナビスタは強すぎ。別次元の強さです。
今回のロジユニヴァースはどの強さなのでしょうか?
3強と言われていますが、1強とも噂されるロジユニヴァース。
4戦4勝、うち3勝が重賞と言う強さ。
展開に左右されない強さ。逃げてよし、差してよしと自在性が魅力。
ここは通過点。状態も良く不安要素もないという陣営。
あとは鞍上の横山騎手しだい。
ここ最近勝ち星がない横山騎手は自然体を強調。これが吉と出るか。
残りの2強アンライバルド、リーチザクラウン。
アンライバルドは信場船は買ったものの2戦目に折り合いを欠くという欠点が。
だがそれも次戦では克服し、その次も折り合いがついていた。
成長著しく、またライバルを目標にできると言う展開有利。
瞬発勝負になれば勝てる可能性はある。
リーチザクラウンは大外から逃げ切る。
一昨年のヴィクトリー、昨年のキャプテントゥーレも逃げ切り勝った。
最速が勝つと言われる皐月賞。
この馬に有利なデータである。
が、気をつけなければいけないのは上記2頭は人気薄だった馬。
人気場であるリーチザクラウンは目標にされてしまう。
果たして逃げ切ることは出来るのか。
そして鞍上の武騎手は逃げてGTを勝ったことが無い。
ただし、逃げたレースは複勝率は44,4%なので外すわけには行かない。
押さえておくべきだろう。
他に気になるのはフィフスペトル、ナカヤマフェスタ、リクエストソング、セイウンワンダー。
先週とは打って変わって気楽に乗れるアンカツに状態が文句なしと色気のある陣営のフィフスペトルは一発もあるかも。
弥生賞を回避したナカヤマフェスタは元々ここ一本に絞っていた馬。
陣営は気にしていない様子。
鞍上も気楽に乗れるとのことで面白い結果が出るかも。
セイウンワンダーはミスから前走は太すぎての出走。
余裕残しのつもりが大変なことになったが、人気が落ちれば儲けもの。
きっちり仕上げてベストで望む今回は一発もある可能性が。
あとは乗り代わりがどうでるか。
穴はイグゼキュティヴ。


で、なる五郎の予想は以下のとおり
本命◎はロジユニヴァース
○はリーチザクラウン
▲はアンライバルド


馬連 1−18 1−16 1−12 1−7 1−15 1−2 1−9
枠連 1−8 1−6 1−4 1−7 1−1 1−5