天皇賞(GT)

京都11R 距離3200m(芝・外回り)
枠番馬番馬名騎手
サンライズマックス福永祐一
マイネルキッツ松岡正海
ジャガーメイル安藤勝己
アルナスライン蛯名正義
シルクフェイマス藤岡佑介
テイエムプリキュア荻野琢真
ポップロック川田将雅
トウカイトリック和田竜二
ホクトスルタン小牧太
10 ゼンノグッドウッド武幸四郎
11 ネヴァブション後藤浩輝
12 ドリームジャーニー池添謙一
13 デルタブルース岩田康誠
14 [地]コスモバルク幸英明
15 モンテクリスエス武豊
16 スクリーンヒーロー横山典弘
17 アサクサキングス四位洋文
18 ヒカルカザブエ秋山真一郎


前回は武幸四郎騎手にやられたと言う感じです。
幸四郎騎手が来なければ当たっていただけに悔やまれます。
でも、それが競馬なんですけどね。

さて、今回は気を取り直して天皇賞・春です。
アサクサキングス、スクリーンヒーローのGT馬とジャガーメイルなど最近力をつけているものたちの戦いです。
苦手を克服したアアサクサキングス。
昨年の雪辱を晴らすためにも負けられません。
一昨年の菊花賞以降GT勝ちから遠ざかっていますが今回はチャンス。
阪神大賞典の反動も無くきっちり仕上げられ文句なし。
鞍上も悲願の天皇賞制覇に向け気合十分。
人馬ともに勝ちに行きます。
もう一頭のGT馬スクリーンヒーロー。
前走は久々で59キロ、道悪と悪条件が重なり4着。
ただし、陣営は叩き台としては合格点を与えている。
一叩きして調教の動きが良くなり、好調時の仕草も見せているところから調子は上向きと言えるだろう。
文句なしの出来で大一番を迎えられそうだ。
他に気になるのは上記にもあげたジャガーメイル、アルナスライン、モンテクリスエス、ヒカルカザブエ。
ジャガーメイルは国内GTは初挑戦だが、香港ヴァーズを経験しているので問題ないかと。
同レースでは3着と実力はあると思う。
ぶっつけ本番でも1着を取っているので、今回の休み明けでも不安は無い。
鞍上も美浦に出向くほど楽しみにしていると言うアンカツ。
今後この馬に乗り続けるのか、注目の一戦だろう。
アルナスラインは日経賞で好走を演じた。
菊花賞2着は伊達ではないところを見せ、今回そのアサクサキングスを破ると陣営。
スクリーンヒーローにはトップハンデでの僅差負け。
今回同斤なら勝つ要素がある。
この2頭破ればGT制覇が見えてくる。
依然とは違い好走した後の反動は無く調子は良い。
前に壁が作れると枠にも文句がないよう。
あとはどこまで力を出し切れるかが勝負。
モンテクリスエスは武騎手とのコンビが復活。
古馬になって本格化し伸び盛り。
必要な筋肉がついて歩様がしっかりしてきたことにより、腰や背中に力強さが出てきた。
二度の坂に向けて負荷をかけた調教も施し、準備万端。
3週連続武騎手を乗せ力の入れ方が半端ではない。
ただ気になるのは今年はまだGTで勝ち星ない武騎手の調子。
重賞もGVの3つとイマイチ。
コンビ復活で今季初のGT制覇なるか。
ヒカルカザブエは阪神大賞典で不得手とされた道悪を克服。
アサクサキングスに鼻差の2着は実力がある証拠。
過去10年で4歳馬が7勝と伸び盛りの勢いが見られる。
ヒカルカザブエも4歳の勢いで重賞制覇を目指す。
他に注目はドリームジャーニー、トウカイトリック。

で、なる五郎の予想は以下のとおり
本命◎はアサクサキングス
○はスクリーンヒーロー
▲はヒカルカザブエ


馬連 16−17 17−18 3−17 4−17 15−17 12−17 8−17
枠連 8−8 2−8 7−8 6−8 4−8