ヴィクトリアマイル(JpnT)

東京11R 距離1600m(芝・左回り)
枠番馬番馬名騎手
ショウナンラノビア柴田善臣
ブラボーデイジー生野賢一
マイネレーツェル川田将
ブーケフレグランス三浦皇
ザレマ安藤勝己
ウオッカ武豊
レッドアゲート松岡正海
チェレブリタ蛯名正義
セラフィックロン宮崎北
10 ムードインディゴ内田博幸
11 ヤマニンメルベイユ柴山雄一
12 ジョリーダンス四位洋文
13 リトルアマポーラ福永祐一
14 カワカミプリンセス横山典弘
15 サワヤカラスカル浜中俊
16 アルコセニョーラ武士沢友治
17 レジネッタ小牧太
18 ヤマニンエマイユ田中勝


先週は時計が早く前残りで差し馬が届かなかったレース。
おかげで高配当がでました。
さて今回はヴィクトリアマイルです。
ウォッカに注目が集まりますがカワカミプリンセス、リトルアマポーラ、レジネッタと侮れない馬もいます。
特に武騎手の調子がイマイチとなるとチャンスは十分あります。
そのウォッカですが、ドバイでの敗戦が気になるところ。
まさかの失速に武騎手も首を捻る有様。
今回それがどこまで影響するのか?
ただ陣営は昨年と違いドバイが選りでも体重減が無く体調が良いと強調。
迫力満点の最終追いきりは不安を払拭するものがある。
武騎手もこれで予想だにしない結果になったら競馬不振になると言っている。
実績からすれば間違いなくこの中では一番。
馬と騎手、ともに復活を目指します。
カワカミプリンセスは前走の大阪杯では3着。
ただしメンバー最速の上がりで復調の兆しが見える。
陣営も今年一番のデキといい、2年前と違い今年はここが目標。
宝塚を使わない分、目イチの仕上げ。
横山騎手もウォッカに引けを取らないと気合十分。
一発があるかも。
リトルアマポーラは予定通りのローテーションをこなし、色気十分。
エリザベス女王杯以来のGT制覇を目指す。
調子も良く福永騎手も自信たっぷりで一発を狙う。
08年の桜花賞以来勝ち星から遠ざかっているレジネッタ。
前走は休み明けで57キロを背負いながらのレースで5着だった。
今回は同斥量で1600はベストと好条件。
陣営も前走は叩き台としては最高の競馬と評している。
体つきも良くなり動きもスムーズになり復調の兆しが。
唯一気になるのは小牧騎手が希望の内ではないといっていたこと。
外枠がどう影響するのか。
他に気になるのは、ヤマニンメルベイユ、ショウナンラノビア。
穴にセラフィックロンプ。


で、なるみ五郎の予想は以下のとおり
本命◎はカワカミプリンセス
○はウォッカ
▲はリトルアマポーラ

馬連 6−14 13−14 14−17 1−14 11−14 9−14
枠連 3−7 7−7 7−8 6−7 1−7