オークス(JpnT)

東京11R 距離2400m(芝・左回り)
枠番馬番馬名騎手
マイティースルー小野次郎
パドブレ西田雄一郎
レッドディザイア四位洋文
ヴィーヴァヴォドカ村田一誠
ダノンベルベール後藤浩輝
フミノイマージン太宰啓介
ブエナビスタ安藤勝己
ディアジーナ内田博幸
ルージュバンブー田中勝春
10 ツーデイズノーチス武豊
11 イナズマアマリリス武幸四郎
12 ダイアナバローズ角田晃一
13 ブロードストリート藤田伸二
14 ジェルミナル福永祐一
15 ハシッテホシーノ松岡正海
16 ワイドサファイア岩田康誠
17 デリキットピース柴田善臣
18 サクラローズマリー三浦皇成



先週はウォッカが7馬身差という圧倒的な強さで勝ちました。
武騎手が調子悪かったのですが、それをカバーする馬の強さ。
またこれをきっかけに武騎手が復活するでしょう。
今後の騎乗に注意が必要です。

さて、今回は圧倒的な強さで桜花賞を勝ったブエナビスタが出走。
断然の1番人気で間違いなく鉄板でしょう。
桜花賞は距離が短く負けるならここかもと言っていた陣営。
しかし終わってみればしんがりから脅威の末脚を見せた。
そして今回は元々この距離があっていると言っていた適性距離である。
中間もしっかり稽古ができデキは問題ない。
陣営も強気一辺倒でここは3冠の通過点にしか過ぎず、目標は凱旋門賞。
こんなところで負けている場合ではない。
とはいえ、土曜の競馬を見ると安藤騎手の調子がイマイチ。
取りこぼしが目立つのが気になるところ。
ただ先週のウォッカの如く、調子の悪い鞍上でも馬が勝たせてくれる。
それでも安藤騎手は力の差を見せる競馬をすると強気な発言。
ベテランの騎乗に期待がかかる。
そのブエナビスタを負かせる可能性があるのは桜花賞2着馬レッドディザイア。
安藤騎手も前走後、警戒しているような発言をしている。
まだ3戦と底を見せていないので桜花賞以降どれだけ成長できたかが勝負の分かれ目。
陣営は桜花賞のときよりも稽古量は増えてデキも申し分ない。
距離も新馬戦で1800を走っているので問題ない。
鞍上もここに全力投球。
万全の態勢でブエナビスタに挑んでくる。
他に気になるのはディアジーナ、ダノンベルベール、ヴィーヴァヴォドカ、ルージュバンブー。
特にディアジーナは好位置から抜け出せれば一発もありえる。
陣営も瞬発力勝負なら分が悪いが好位置から行けば十分勝負になると思っている。
内田騎手の騎乗に注目。
あとほしのあきが命名したハシッテホシーノは長距離向きと思われる。
ただ前走では2着馬によられるシーンもあったが1着馬とは決め手の差があった。
距離的には経験もあるが、良くて3着ではないか。
穴にイナズマアマリリスを狙って高配当もありかな。


で、なるみ五郎の予想は以下のとおり
本命◎はブエナビスタ
○はレッドアディザイア
▲はディアジーナ

馬連 3−7 7−8 5−7 4−7 7−9 7−11 7−17 7−14
枠連 2−4 4−4 3−4 4−5 4−7 4−8