日本ダービー<東京優駿>(JpnT)

東京10R 距離2400m(芝・左回り)
枠番馬番馬名騎手
ロジユニヴァース横山典弘
アプレザンレーヴ内田博幸
フィフスペトル安藤勝己
トップカミング幸英明
マッハヴェロシティ柴田善臣
ケイアイライジン松岡正海
ナカヤマフェスタ蛯名正義
(外)ブレイクランアウト藤田伸二
ジョーカプチーノ藤岡康太
10 アントニオバローズ角田晃一
11 セイウンワンダー福永祐一
12 リーチザクラウン武豊
13 シェーンヴァルト北村友一
14 ゴールデンチケット川田将雅
15 アーリーロブスト三浦皇成
16 トライアンフマーチ武幸四郎
17 アイアンルック小牧太
18 アンライバルド岩田康誠


先週は終わってみれば桜花賞の1、2、3着がそのままという結果。
圧巻は最後方から追い上げたブエナビスタ。
アンカツの調子はイマイチだったが馬のおかげで勝利。
今回はそのブエナビスタに引けを取らないと言われているアンライバルドが出走。
ウォッカ、ブエナビスタと続いて大本命が勝てるのか。

さてそのアンライバルドですが、中間の稽古も文句なしの仕上げで悔いの残らないようにしてあると陣営。
調教では左回りもスムーズに走れ初の東京でも問題ないとか。
スプリングSで道悪もこなし成長著しい。
距離の不安もないのでよほどのことが無い限りまず負けは無い。
血統もネオユニヴァース、兄フサイチコンコルドとダービーを制している良血馬。
父と兄に続いてここを勝ちきる。
アンライバルドに挑む注目馬はトライアンフマーチ、アプレザンレーヴ、ナカヤマフェスタ、アントニオバローズ。
アントニオバローズは皐月賞は休み明けで9着だったが前走では2着と好走している。
悲願のダービーに向けて仕上がりも良好。
鞍上の角田騎手も久々の良馬に巡り会い、二度目のダービー勝利に力が入っている。
このチャンスを生かせるか注目である。
トライアンフマーチは1勝馬で皐月賞2着の馬。
その皐月賞は出遅れが功を奏し終いに良い追い込みを見せてくれた。
ここにきて成長が見て取れるこの馬に陣営も手ごたえを感じている様子。
メニューも消化し申し分ない仕上げと気合十分。
今まで人気薄手の勝利が多い幸四郎騎手も今回は自信を持って騎乗できる。
先週のようにこの馬が来て皐月賞のワン、ツーがあるかも。
ナカヤマフェスタは東京で2戦2勝と相性が良い。
皐月賞は休み明けということもあり、ペースの速いのに着いていけなかった節がある。
今回は巻き返しに気合十分。
楽しみな一頭である。
アプレザンレーヴもディープインパクトを育てた池江泰郎調教師が2週続けてハードな合わせ馬をして気合十分。
早くからここを目指していた馬だけあり、東京で走れるように仕上げてある。
どうレース展開を見せてくれるか期待。
他にセイウンワンダーやリーチザクラウンを押さえておきたい。
それと穴にアーリーロブスト、ブレイクランアウトを。

で、なるみ五郎の予想は以下のとおり
本命◎はアンライバルド
○はトライアンフマーチ
▲はナカヤマフェスタ


馬連 16−18 7−18 10−18 2−18 11−18 12−18 8−18 15−18
枠連 8−8 4−8 5−8 1−8 6−8 7−8