安田記念(GT)

東京11R 距離1600m(芝・左回り)
枠番馬番馬名騎手
スズカコーズウェイ後藤浩輝
スマイルジャック岩田康誠
ウオッカ武豊
(外)ファリダット安藤勝己
ホッカイカンティ石橋脩
ディープスカイ四位洋文
(外)ライブコンサート和田竜二
アブソリュート田中勝春
カンパニー横山典弘
10 タマモサポート津村明秀
11 (外)コンゴウリキシオー戸崎圭太
12 トウショウカレッジ内田博幸
13 スーパーホーネット藤岡佑介
14 マルカフェニックス福永祐一
15 リザーブカード三浦皇成
16 [外]アルマダD.ホワイト
17 ローレルゲレイロ藤田伸二
18 [外]サイトウィナーB.プレブル


さて安田記念です。
先週は直前の雨の影響で荒れたレースになりました。
安田記念は天気は大丈夫そうですが、先日までの雨の影響がどこまで残るのか。
そんな中一番人気になるであろうウォッカ。
前走は7馬身と圧倒的な強さを見せたが、果たして中2週でどれだけ回復しているのでしょうか。
調教はしっかりやっているとのことで期待は出来そうだが果たして。
陣営も鞍上も自信はあるようですが、データ上では一番人気は連対率は低いようで頭にするかは微妙。
それともう一つ。土曜のレースでは勝ちきれないことが多かった武騎手。
やはり調子は上がっていないようで、ウォッカに勝たせてもらった節が。
今回も同じように馬が勝たせてくれるだろうか。
イマイチ信用性が微妙であるが押さえておく必要はある。
そのウォッカに挑むのはディープスカイ。
昨年の天皇賞(秋)ではウォッカと壮絶なレースを行い実力的にも引けは取りません。
NHKマイルCで勝っているのでわかるとおり距離は問題ありません。
前走は休み明けで59キロを背負い2着と負けても納得の良く内容。
上積みを考えれば上々と言えよう。
陣営も四歳になり成長を感じているそうで、鞍上も雪辱に燃えています。
それなりに期待できそう。
他にウォッカに挑める実力馬はスーパーホーネット、スマイルジャック、カンパニー。
特にスーパーホーネットは毎日王冠でウォッカに勝っている。
実力的には引けを取らない。
状態は申し分なく鞍上もマイルCSの時と違いプレッシャーは無い。
面白いレースを見せてくれるだろう。
高配当を狙うなら、去年も参戦したアルマダ、コンゴーリキシオー、ローレルゲレイロ。

なるみ五郎の予想は以下の通り。
本命◎ディープスカイは。
○はスーパーホーネット。
▲はウォッカ。

馬連 3−6 3−6 2−6 6−9 6−16 6−11 6−17
枠連 3−7 2−3 1−3 3−5 3−8 3−6