宝塚記念(GT)

阪神11R 距離2200m(芝・左回り)
枠番馬番馬名騎手
マイネルキッツ松岡正海
インティライミ佐藤哲三
スマートギア武豊
アドマイヤフジ川田将雅
ヒラボクロイヤル鮫島良太
エリモエクスパイア小牧太
アルナスライン蛯名正義
サクラメガワンダー福永祐一
ドリームジャーニー池添謙一
10 スクリーンヒーロー横山典弘
11 ディープスカイ四位洋文
12 モンテクリスエス安藤勝己
13 コスモバルク津村明秀
14 カンパニー岩田康誠


さて、春のGTもラストになりました。
ウォッカが回避しディープ一色のような感もありますが今年はまだ勝っていません。
天皇賞馬マイネルキッツに2着のアルナスライン、金鯱で勝ったサクラメガワンダーと侮れない馬がいます。
果たして復活なるか……。
そのディープスカイは中2週ではあるがハードな稽古で状態は申し分ない。
それもそのはずで、調教師の昆氏が凱旋門賞を諦めていないからだ。
昆氏は今回の結果次第でオーナーにお願いするつもりでいるとのこと。
そのためには何としてでも勝たなくてはならない。
気合も十分と言うわけだ。
鞍上も同じでここで勝たなければファンも関係者も許してくれないと気合が入っている。
もともとこの馬は血統からいえば二千二百がちょうど良いのである。
マイルの安田よりこちらの方が力を出せるであろう。
その辺りを考慮してこの馬から配当を考えたい。
相手は上記にも挙げたマイネルキッツ、アルナスライン、サクラメガワンダー、ドリームジャーニー。
マイネルキッツは天皇賞と同じ枠で陣営はチャンスを掴んだとのこと。
鞍上の松岡騎手もいつものメンバーではなく違った人が勝つのも良いと気合十分。
マイネル軍団を預かり初の宝塚参戦。気合も十分になる。
天皇賞再現もあるかも。
その天皇賞2着のアルナスラインは前走はテイエムプリキュアを避けようとして落鉄したのが原因。
それでも首差の2着は実力がある証拠。
前走も良くなっていたが今回はそれ以上に成長が見られるようで、陣営も期待している。
今回はチークをつけて2走前と同じ状況で挑む。
鞍上の蛯名騎手も強いメンバーだが太刀打ちできるとやる気十分。
巻き返しなるか。
サクラメガワンダーは昨年同様のローテーションではあるが昨年とは違い金鯱を勝っている。
昨年は金鯱4着、宝塚4着なので、今年は金鯱1着なので宝塚も期待ができる。
成長著しくここに来て本格化したのであろう。
阪神コースは結果が出ているので、ここは上位を狙いたいところだ。
もちろん一発を狙っている。
ドリームジャーニーは天皇賞では3着だったが大阪杯ではディープスカイに勝って1着と実力はある。
前走は距離が長くこの距離なら巻き返しが出来る。
体つきも成長し陣営も最高の状態で挑め、あとは鞍上に任せるだけという。
馬場状態も大丈夫そうで期待が持てる。
他にアドマイヤフジ、スクリーンヒーローで高配当を狙う。


なる五郎の予想は以下の通り。
本命◎はディープスカイ
○はアルナスライン
▲はマイネルキッツ

馬連 7−11 1−11 8−11 9−11 4−11 10−11
枠連 5−7 1−7 6−7 3−7 1−5