秋華賞(GT)

京都11R 距離2000m(芝・内回り) 3歳以上牝馬
枠番馬番馬名騎手
キョウワジャンヌ飯田祐史明
リヴァーレ江田照男
リトルダーリン秋山真一郎
アヴェンチュラ岩田康誠
フレンチボウ和田竜二
ピュアブリーゼ柴田善臣
マイネソルシエール柴田大知
デルマドゥルガー武豊
エリンコート後藤浩輝
10 スピードリッパー北村宏司
11 ゼフィランサス柴原央明
12 ホエールキャプチャ池添謙一
13 アカンサス横山典弘
14 メモリアルイヤー浜中俊
15 マイネイサベル松岡正海
16 カルマート安藤勝己
17 レッドエレンシア田中勝春
18 マルセリーナ福永祐一


スプリンターSはカレンチャンが日本馬の意地と実力を見せてくれたレースでした。
レース前には色々ありましたが、それの影響はなかったようです。
このままいけばスプリントの頂点で頑張ってくれるでしょう。

さて、今回は秋華賞です。
オークス、桜花賞に続くクラシック三冠の最後の一冠。
果たしてどの馬が取るのか。
春は惜しいレースだったホエールキャプチャが夏を越えて大きく成長し、オークス馬、桜花賞馬に勝っています。
ここを勝って巻き返せるか、本当に二頭を抜いたのかが問われる一戦です。
その他、夏に急成長を遂げたアヴェンチュラ、カルマートも侮れません。
注目のホエールキャプチャですが、前走は成長著しいところを見せつけオークス馬と桜花賞馬に勝ちました。
春は勝ちきれないことが多かったですが。着差はそれほど無く力近郊と言った感じでした。
しかし、前走を見る限り前記二頭と力関係は逆転したと言っても過言ではありません。
複勝率100%で間違いなく買いの状態です。
成長面ではメンバーの中で一番と言って良いでしょう。
スムーズな競馬さえ出来れば間違いなくこの馬でしょう。
オークス馬エリンコートは、休み明けの明らかに太目残り。
馬体が成長して大きくなったとはいえ、余裕の腰だったといえます。
この馬は叩いて上積みがある馬なので、前走は確実に叩き台としての余裕の腰の調教でした。
叩いた上積みはあり重かった体重も良い感じに仕上がりました。
持ち前の勝負根性を発揮できる状態に仕上がり、人気薄になったため鞍上も気楽に乗れるのがいい。
ただ気になるのは叩き台とはいえ10着と言う結果が負けすぎなのではと言うところ。
果たして巻き返せるのか?
桜花賞馬マルセリーナは、休み明け都言うこともあり行きたがりを見せた。
そのため前に壁を作って溜めてと言う本来の競馬は出来なかった。
今回も大外で前に壁が作れるかどうかがポイント。
ただし、併せ馬では追われてからリズムを崩すようなところを見せたので上積みが期待できず。
ここは血統の力に期待して押さえレベルであろう。
カルマートは前走を勝ってきた夏の上がり馬。
その勢いのままレースに挑むのだが、仕上がりは順調で一発があってもおかしくない。
鞍上は安藤克己騎手で好感触を掴み色気があるとか。
ベテランらしい騎乗で一発を狙っているらしい。
人気薄で来たら面白い馬である。
アヴェンチュラは前走を古馬相手に勝った馬。
この馬も夏の上がり馬で一発を狙うことが出来る。
調教でもスピード感があり、良いリズムで走れていて申し分なし。
騎乗した池添騎手は本体この馬に乗りたかったようで、結局はホエールキャプチャに乗ったが気にしてる様子。
それだけ力のある馬に今度は岩田騎手が騎乗。
面白いレースになる可能性がある。
他に注目はマイネイサベル、キョウワジャンヌ、デルマドゥルガー。


で、なる五郎の予想。
本命◎はホエールキャプチャ。
○はアヴェンチュラ。
▲はエリンコート。

馬連 4−12 9−12 12−16 1−12 8−12 12−18 4−16
枠連 2−6 5−6 6−8 1−6 4−6 6−7