菊花賞(GT)

京都11R 距離3000m(芝・外回り)
枠番馬番馬名騎手
トーセンラール蛯名正義
ルイーザシアター岡部誠
スーサングレート和田竜二
ユニバーサルバンク田辺裕信
フェイトフルウォー柴田善臣
シゲルリジチョウ藤田伸二
ゴットマスタング国分恭介
ベルシャザール後藤浩輝
ダノンミル浜中俊
10 ロッカヴェラーノ川田将雅
11 サダムパテック岩田康誠
12 ハーバーコマンドク木村健
13 ウインバリアシオン安藤勝己
14 オルフェーヴル池添謙一
15 サンビーム秋山真一郎
16 ダノンマックイン小牧太
17 フレールジャック福永祐一
18 ショウナンマイティ武豊


ホエールキャプチャは今回もダメだった。
二番目に押したアヴェンチュラが勝ち勢いそのままといった感じ。
戴冠を逃した池添騎手は今回こそはの思いがあるかも。
その池添騎手が騎乗するのは三冠を狙うオルフェーヴル。
休み明け初戦の神戸新聞杯では圧倒的な力で他馬との差を見せつけた。
ダービーのときより力がついてるし、反応も素晴らしい。
上積みも見込め三千も克服できるだろう。
どこをとっても死角なしと言いたいが、京都では勝っていない。
千六百と千八百では無いかと言われそうだが重箱の隅を突っつくようではあるが気になるところ。
ディープインパクトほど絶対視が出来ないのだ。
もう一つ気になるのは池添騎手が過去一度も連に絡んでいないこと。
いい馬に乗れなかったといえばそれまでだが、サンライズペガサスという4番人気に乗っている。
それでも12着と難しいのが菊花賞。
しかも騎乗して10着以上に入ったことが無いのも気になるところ。
今回は一番人気に加え、三冠と言う大きなプレッシャーが掛かっている。
先週で人気を裏切ったということで気負いがあるとも限らない。
競馬に絶対はない。過信は出来ない。
そんなオルフェを倒せそうなのは、ウィンバリアシオン、トーセンラー、ダノンマックイーン。
ウインバリアシオンは、前走でオルフェに負けはしたが二着確保。
力負けの感があるが、ハーツクライ産駒は距離が伸びてよくなる馬。
この距離なら十分巻き返すチャンスはある。
それに元々瞬発力より持続性のある息の長い脚が持ち味。
その持ち味を生かせれば十分勝ち負けである。
しかも上がりの競馬ならオルフェより上。
安藤騎手がその辺りを上手く立ち回れば勝機はある。
同じくハーツクライ産駒のダノンマックイーンも見逃せない。
外枠なのが気になるところだが、上手く内に入ることが出来れば可能性はある。
距離が伸びてから成績もよくなっているし、橋口厩舎はハーツクライでディープインパクトに土を付けた馬。
今回も面白い競馬を見せてくれるだろう。
トーセンラーは、春は皐月賞は大外枠でダービーは不良馬場と全く力を出せずに結果が出なかった馬。
ディープの仔として力もこの世代のトップクラスにいるのは間違いない。
春より成長しているのと、今回1枠と良い枠が取れたことが良い方向に向かえば。
早めに抜け出すことが出来れば包まれることは無いので十分勝ち負けだろう。
折り合いが付き距離の不安もないしスピードも兼ね備えているから蛯名騎手の手腕で言い結果を出して欲しい。
他に気になるのはフェイトフルウォー、フレールジャック、ベルシャザール。


で、なる五郎の予想。
本命◎はウインバリシオン。
○はオルフェーヴル。
▲はトーセンラー。


馬連 13−14 1−13 13−16 13−17 5−13 8−13
枠連 7−7 1−7 7−8 3−7 4−7