天皇賞・秋(GT)

東京11R 距離2000m(芝・内回り)
枠番馬番馬名騎手
シルポート蛯名正義
ダノンヨーヨー後藤浩輝
アクシオン柴田善臣
エイシンフラッシュC.ルメール
ブエナビスタ岩田康誠
ビッグウィーク川田将雅
ダークシャドウF.ベリー
ペルーサ横山典弘
ジャガーメイル四位洋文
10 メイショウベルーガ池添謙一
11 ローズキングダムI.メンディザバル
12 トーセンジョーダンN.ピンナ
13 ミッキードリーム和田竜二
14 シャドウゲイト田中勝春
15 シンゲン田辺裕
16 ナリタクリスタル武豊
17 トゥザグローリー福永祐一
18 アーネストリー佐藤哲三


先週は圧巻で三冠達成と言う歴史的快挙が。
しかも池江調教師は親子三冠(引退した父はディープで三冠達成)と言う快挙。
他にも様々な歴史的快挙が達成された。
余裕でゴールし、ゴール後は池添騎手を振り落としたと言うから力は有り余っていたようだ。
次走は有馬記念ということで四冠目を取ることを期待。古馬にも勝てるか楽しみである。

さて、今回は天皇賞・秋。
GT馬が揃った波乱と言われるレース。
ブエナビスタ、ビッグウィーク、ローズキングダム、アーネストリー、ジャガーメイル、エイシンフラッシュと六頭も。
しかし、ここをステップレースにしている馬もいるはず。
JCや有馬を目指す馬などを見極めて取捨選択する。

まずはブエナビスタ。
太目残りで負けた前走と同じ今回も太目残り。
中間の調教では追われてからの反応は好いが終いの脚が鈍った。
以前ほどの切れは見れないし、ピークを過ぎているのか。
ただ前走でもわかる通り、レースに行けば気持ちで走ってしまう。
軸には出来ないが2着3着は可能性がある。押さえていた方が良い。
ビッグウィークは前走11着と惨敗。
59キロ背負って休み明けヲ考慮しても負けすぎな気が。
中間も追われてからバランスを崩したりと本調子とはいえない。
地力でどこまでいけるか。
ローズキングダムは前走京都大賞典は余裕の1着。
相手に恵まれたとはいえ59キロ背負っての横綱相撲。
陣営は繰り上がり勝利と言われないためにも今度は完璧に勝つと息巻いている。
得意の左回りに終いをいかせる東京なら今度こそ完璧に。
アーネストリーはオールカマー1着で抜群の安定感を見せた。
中間も問題なく抜群の動きを見せている。
ネックは大外と言うこと。
佐藤騎手がどういう騎乗を見せるかがポイント。
ジャガーメイルは京都大賞典4着だった。
道中は後方でジックリ脚を溜める形で一旦は差し切るかの勢いでパタッと止まってしまった。
中間は終い重点の調教で調子も上がっている。
ただこのメンバーでどこまでいけるか。
エイシンフラッシュは前走3着と復調の気配が。
四ヶ月振りの競馬だが太目感はない。
先週もビシットやって今週は更に反応は良い。
枠も良い所を引きあとは以前の状態になっていれば勝ち負け。
他に気になるのは、ダークシャドウ、ミッキードリーム。
ダークシャドウは前走完勝しここに来て本格化。
終いの切れ味は武器になり長丁場の東京で通用する。
府中コースも五戦五勝の得意の舞台でもあり、持って来いの条件。
GT初挑戦ではあるが今のデキで絶好の条件ならチャンスは十分。
ミッキードリームは前走3着と今年になって力を着けて来た上り馬。
ダークシャドウと半馬身差だったが切れ味は劣らなかった。
この馬も府中コースで能力を最大限に発揮するタイプだと言える。
調教でもリズムの好い走りというから期待が持てる。


で、なる五郎の予想。
本命◎はエイシンフラッシュ。
○はブエナビスタ。
▲はダークシャドウ。

ただし、馬場状態によって変更した方が良い。

馬連 4−5 4−7 4−11 4−12 4−18 4−12
枠連 2−3 2−4 2−6 2−8 2−7 3−4 3−6