エリザベス女王杯(GT)

京都11R 距離2200m(芝・外回り)
枠番馬番馬名騎手
アヴェンチュラ岩田康誠
イタリアンレッド浜中俊
ホエールキャプチャ池添謙一
アパパネ蛯名正義
ワルキューレ和田竜
サンテミリオンM.デムーロ
アニメイトバイオ田辺裕信
レーヴディソール福永祐一
レインボーダリア川田将雅
10 フミノイマージン太宰啓介
11 ブロードストリー藤田伸二
12 シンメイフジオ北村友一
13 オールザットジャズ小牧太
14 ダンシングレインJ.ムルタ
15 エリンコート<後藤浩輝
16 グルヴェイグJ.カステリャーノ
17 レディアルバローザ武豊
18 [外]スノーフェアリR.ムーア


混戦が予想されるレース。
昨年の覇者スノーフェアリーに秋華賞馬アヴェンチュラ、昨年のオークス馬サンテミリオン、
今年のオークス馬エリンコート、ホエールキャプチャにアパパネ、レーヴディソールとそうそうたるメンバーだからだ。
しかしアパパネは前走大敗し、レーヴディソールは骨折明け、サンテリオン、アパパネ、エリンコートは復調の兆し無し。
混戦と言うより上位人気で決まりそうな感じ。
昨年の覇者スノーフェアリーは今年はまだ勝っていない。
それでも休み明けの一戦以外は3着以内に収まっている。
検疫中に蚊に刺されたようだが影響は無い模様だが、去年ほどの怖さは無いだろう。
とはいえまともなら頭一つ抜けた存在、侮れないだろう。
アヴェンチュラは秋華賞の勝ち方からここでも十分通用すると思われる。
中間も馬なりで持ったままだが余力十分で時計が出ているので秋華賞と同じといって言い。
春は骨折で棒に振ったが、その分疲労などが無く今が充実している。
陣営も鞍上も前走以上と太鼓判。
最内得意の鞍上ならここでも一発が十分狙える。
ホエールキャプチャは前走3着と定位置確保の競馬。
運が無いのか外枠が結果的に響いた形。
鞍上のプレッシャーも相当なものだったようで翌週では気楽に乗って勝っている。
今回人気薄なら気楽に乗れるので勝ち目はある。
前走の疲れも回復しているようで状態も上向き。
枠も良い枠が引け状態も良いなら今度こそはと言う思いも。
他に気になるのはイタリアンレッドにアニメイトバイオ。
アニメイトバイオは昨年はレース中に鼻出血と期待していただけに残念な結果。
陣営は巻き返しを狙ってくるはず。
前走より調子は良いようなのと、勢いのある鞍上に期待。
イタリアンレッドはここに来て本格化。
以前は小倉、夏場と走る条件が決まっていたが前走で府中Sを勝ちそれを払拭。
状態面でも文句なしなら買って損は無い。
レーヴディソールは三冠確実と言われた馬だがさすがに今回は「?」である。
中間も激しい調教は出来ず、調教不足の感も。
これで勝てたら間違いなく怪物である。


で、なる五郎の予想。
本命◎はアヴェンチュラ
○はスノーフェアリー
▲はホエールキャプチャ

馬連 1−18 1−3 1−2 1−7 1−4 1−8
枠連 1−8 1−2 1−1 1−4 2−8