ジャパンカップ(GT)

東京11R 距離2400m(芝・左回り)
枠番馬番馬名騎手
ジャガーメイル四位洋文
ブエナビスタ岩田康誠
ローズキングダム.メンディザバル
オウケンブルースリ蛯名正義
トレイルブレイザー武豊
トゥザグローリー福永祐一
ペルーサ横山典弘
ヴィクトワールピサM.デムーロ
[外]サラリンクスC.スミヨン
10 キングトップガンュ戸崎圭太
11 ミッションアプルー蛯名正義
12 ウインバリアシオン安藤勝己
13 [外]デインドリームA.シュタルケ
14 [外]シャレータC.ルメール
15 エイシンフラッシュ池添謙一
16 トーセンジョーダンC.ウィリアムズ

マイルCSは三冠ジョッキーが見せ場を作りエイシンアポロンが制覇。
二着は11番人気が着て高配当。
見事に外れました。JCでリベンジ狙います。
今回も去年同様一流の馬が勢ぞろい。
前走で復活の兆しを見せたブエナビスタ、ドバイWC馬のヴィクトワールピサ、ダービー馬エイシンフラッシュにローズキングダム、
天皇賞(秋)を制したトーセンジョーダン、天皇賞馬ジャガーメイルと豪華メンバー。
他にもオウケンブルースリ、トゥザグローリー、ペルーサ、ウインバリアシオンと日本勢は充実しています。
今年は外国勢も凱旋門賞馬ディンドリーム、凱旋門賞2着馬シャレータと最強馬参戦。
世界最強の二頭がぶつかると言うのも面白いところ。
まずは日本勢から見ていく。
まずは世界最強のヴィクトワールピサ。
ドバイWC以降不運に見舞われたが、なんとか参戦。
調教は順調にきたとは言いにくく間に合わせ感も。
実力は間違いなく、世界一の馬として無様な競馬は出来ない。
展開しだいでは見せ場はあるかもしれないし、真の世界一を手にするためにも頑張って欲しい。
しかし個人的には次走以降が買いかもしれないと思う。
女傑ブエナビスタは去年のこのレースで降着してい以降、成績が芳しくない。
しかし前走でなんとか復帰した感じが。
前が開かずロスした分を考えても日本レコードに0.3秒差だから負けて強の印象。
中間は本来の走りに戻り、明らかにここを目標に仕上げてきている。
前走よりも馬体が出来ていて渾身の仕上がりに。
鞍上も前回のミスを帳消しにするためにも負けられない一戦。
今回は前回より買いである。
エイシンフラッシュは前走は休み明けと言うこともあったが調子は上場だった。
しかし殺人ペースにやられてしまった。
それでも復活の兆しは十分あり。
今回は叩き二戦目で上積みもあり、陣営も雰囲気は前走以上に良い。
鞍上は乗り代わりの池添騎手。
三冠男がマイルCSでも勝ち、弾みをつけてここも取りに行く。
ローズキングダムは降着勝利以降、パッとしない。
すっきり勝ちたいとの意気込みが空回りしてるのか。
状態に問題なくチャンスは十分あるが陣営の雰囲気は上がらない。
何かの悪循環に陥っているのか。
トーセンジョーダンは前走レコード勝ち。
シルポートの殺人ペースによりスタミナ勝負になったのが幸いした形。
今回もスタミナ勝負なら見せ場はあるが瞬発力勝負となると……。
しかも難色を示している外枠がどう影響するか。
ジャガーメイルはここを目標に目イチの仕上げ。
陣営も最大目標のここに気合十分。
ただし一流相手に大きなことは言えず、展開頼りな所も。
鞍上は乗り代わりの四位騎手。
最内でどこまでいけるか。
これに日本馬で気になるのはペルーサ、ウインバリアシオン、トゥザグローリー。
特にペルーサは前走休み明け出あそこまで走れたのが良い。
叩き二戦目で精神的にも成長しており、ゲートも問題なくというと未完の大器が覚醒する可能性も。
要注意ではある。
外国勢は凱旋門馬デインドリームに期待。
今までの外国参戦馬と違い高速決着の凱旋門を制したことに注目。
今年の凱旋門は高速馬場になっていてのレコード勝ち。
日本の馬場に近い状態での勝ちは価値がある。
日本の馬場に適性があるということだから
まさに最強の馬であり、ここも勝ちに来ている。
中間も今までの外国馬と違いハードな調教で本気度が違う。
過去の凱旋門馬とは違い勝てる可能性は十分ある。
凱旋門3着のスノーフェアリーが勝っていることもあり慈雨t力の違いを見せてくれそうだ。

で、なるみ五郎の予想
本命◎はブエナビスタ。
○はデインドリーム。
▲はペルーサ。


馬連 2−13 2−7 2−15 2−12 2−6 7−13
枠連 1−7 1−4 1−8 1−6 4−7