朝日杯フューチュリティS(JpT)

中山11R 距離1600m(芝・外回り)
枠番馬番馬名騎手
サドンストーム勝浦正樹
ローレルブレット池添謙一
アルフレードC.ウィリアムズ
マイネルロブスト蛯名正義
ネオヴァンクル浜中俊
スノードン北村友一
クラレント小牧太
ショウナンラムジ岩田康誠
ニンジャ藤岡佑介
10 ジョウノバッカス戸崎圭太
11 マコトリヴァーサルI.メンディザバル
12 トウケイヘイロー後藤浩輝
13 ハクサンムーン田中勝春
14 ヒシワイルドC.ルメール
15 レオアクティブ横山典弘
16 ダローネガ佐藤哲三


先週はディープインパクトの仔、ブエナビスタの半妹ジョワドヴィーヴルが勝ちました。
一戦一勝馬が勝つという史上初の出来事。
血統もさることながら、素質も十分で今後が楽しみな馬です。

今回はそこまで突出した馬はいません。
それでも今後面白くなりそうな馬はいます。
アルフレード、クラレント、ダローネガ。
アルフレードは前走は超スローペースの中折り合いに専念して、直線末脚を爆発させて一気。
差し切り勝ちをして放牧へ。
腰に力がついて場体重も増え成長して帰って来たとは陣営。
最終追い切りも申し分なく、折り合ってためて末脚が生かせればこのメンバーなら十分勝ち負け。
クラレントは前走放場に馬場状態とで大敗。
特に馬場の影響が強かったようで完敗だった。
それでもまともで両刃馬なら間違いなく力がある馬。
前走は度外視して良いだろう。
反動がどれほど残っているかわからないが、陣営は力を出し切っていないので巻き返しに力が入る。
状態は良く見える疲れはないことからここでも十分通用する。
ダローネガは前走は出遅れて後方からの競馬。
外から一気で内の勝った馬とは半馬身差。
負けて強のないようだったと言える。
今回のメンバーなら間違いなく上位だし勝てる見込みはあるが、
惜しむらくは大外を引いてしまったこと。
陣営も外枠さえ引かなければと週中に強気のコメントを出していたが。
外枠は過去にメイショウボーラーが2着したのみ。
ここで勝てば今後面白い馬になるだろう。
他に注目馬は、サドンストーム、レオアクティブ、スノードン。


で、なる五郎の予想。
本命◎はクラレント。
○はアルフレード。
▲はダローネガ。


馬連 3−7 7−16 1−7 7−15 6−7
枠連 2−4 4−8 1−4 3−4 8−8