フェブラリーS(GT)

東京11R 距離1600m(ダート・左回り)
枠番馬番馬名騎手
[地]ナイキマドリード戸崎圭太
タガノロックオン田辺裕信
シルクフォーチュン藤岡康太
スマイルジャック丸山元気
ヒラボクワイルド幸英明
ケイアイテンジン後藤浩輝
ヤマニンキングリーM.デムーロ
セイクリムズン吉田隼人
エスポワールシチー武豊
10 ワンダーアキュート和田竜二
11 ダノンカモン福永祐一
12 (外)ライブコンサート蛯名正義
13 グランプリボス内田博幸
14 トウショウカズン川田将雅
15 トランセンド藤田伸二
16 (外)テスタマッタ岩田康誠


春のGT開催です。
去年は散々だったので今年こそはの思い。
とりあえず、この一戦で今年がどうなるか……わかるわけはありませんが頑張って予想するのみ。

さて、今年のフェブラリーSは妙味に欠けると言ってもいいメンバー。
トランセンド、エスポワールシチー、ワンダーアキュートに人気が集まりこの三頭が勝ってもおいしくない。
もっともこの三頭で決まることはほとんどないだろうから、割ってはいる馬を探して馬券的に面白そうな予想をしてみる。
まずは軸となる馬。
トランセンドはJCダートを二連覇して最強馬といってもいい実力馬。
中間も良い雰囲気でデキは文句なし。
南部杯と大井での競馬から行きっぷりが悪い気がするが、外枠を引いたのでゴチャつかずに行けそうだ。
東京マイルを制覇するスピードとパワーを前回に出来る状態にあるから今回も連覇に期待できる。
鞍上も負けられないと気合十分。
昨年と同じローテでドバイに行くのだからここで負けるわけには行かない。
エスポワールシチーは全盛期と比べると見劣りする競馬が多い。
やはり衰えてきているのだろうか。
ただ陣営はまだ逆転を諦めているわけではなく、勝負付けが済んだと思っていない様子。
主戦の佐藤騎手が怪我で乗り代わり武騎手が乗るようだがそれがどう転ぶか。
去年はGTでは見せ場なく終わり、今年は重賞を勝っているとはいえ微妙である。
軸にはしにくい。良くて三着と予想する。
ワンダーアキュートはJCダートを2着。
鞍上がミスと言った出遅れが響いた感じでこれがなければ勝っていた可能性は大きい。
前走の東京大賞典でスマートファルコンに迫っての2着で確実に実力がついている。
先行良し、差して良しの自在の馬だけにあとは鞍上がミスしなければトランセンドに引けを取らない。
ここで勝ってテイエムオペラオーのような連覇し続ける和田騎手を見せてもらいたい。
上記三頭の中ではやはりトランセンドが一枚上。
軸はトランセンドでいきたいと思う。
割って入る可能性があるのは、シルクフォーチュン、ダノンカモン、テスタマッタ。
完全復帰といって良い内田騎手の手腕でどうなるかが見もののグランプリボスも面白い。
三着ならトウショウカズンがありえるかも。

で、なる五郎の予想。
本命◎はトランセンド
○はワンダーキュート
▲はテスタマッタ

馬連 10−15 15−16 9−15 3−15 11−15 13−15 14−15
枠連 5−8 8−8 2−8 6−8 7−8