桜花賞(GT)

阪神11R 距離1600m(芝・右回り)
枠番馬番馬名騎手
ダームドゥラック小牧太
エピセアローム浜中俊
オメガハートランド石橋脩
サンシャインM.デムーロ
パララサルー北村宏司
エイシンキンチェム川田将雅
メイショウスザンナ武豊
マイネエポナ吉田隼人
イチオクノホシ田辺裕信
10 ジェンティルドンナ岩田康誠
11 アイムユアーズN.ピンナ
12 プレノタート安藤勝己
13 サウンドオブハート松岡正海
14 トーセンベニザクラ津村明秀
15 ヴィルシーナ内田博幸
16 ファインチョイス池添謙一
17 ジョワドヴィーヴル福永祐一
18 アラフネ丸山元気


さて桜花賞です。
ハナズゴールが回避。混戦と言われています。
とはいえ、私の予想には影響ないというより人気を持っていってくれる馬がいなくなりがっかりといった感じ。
私の予想は前走の負けから人気が下がると嬉しいジョワドヴィーヴル。
前走の敗因は明らかであり、評価は下がらない。
特に外枠になったことで阪神JFの再現もありえる。
直線一揆が持ち味のこの馬が前走は内目を引いての競馬。
この時点で勝ちより経験をと考えたかどうかはわからないが、溜める競馬をしたいたのが収穫になった。
中間も前走以上にきっちり行われ、状態は抜群。
ブエナビスタと比べるとまだまだの感じだが、このメンバーなら間違いなし。
ハナズゴールがいたら人気がそっちにいっただろうに配当妙味がなくなり残念ではある。
ジョワドヴィーヴルに対抗できるのは、ジェンティルドンナ、アイムユアーズ、サウンドオブハート、ヴィルシーナ、パララサルー。
ジェンティルドンナは、前走は発熱などの影響などが敗因。
厩舎に言わせると岩田騎手が下手に乗ったのがダメとのこと。
巻き返しを図った中間はきっちり仕上がり、鞍上も汚名返上とばかりに追い切りに跨った。
ここ最近、岩田騎手は失敗後のレースできっちり結果を出している。
今回も前回の失敗を糧に結果を出す可能性があるので要注意。
アイムユアーズは横綱相撲で前走を快勝。
休み明けでもきっちり結果を出すところが凄い。
今回は前走よりもいい状態にあり期待が持てる。
ただ陣営はベストは千四百と言っているそうで、距離が長い可能性も。
それでも阪神JFで2着に来たことを考えると同じ阪神なら十分狙える。
ハマれば怖い存在である。
サウンドオブハートは他の関東馬と違い栗東滞在せずに美浦で調教。
それだけ自信があるのか、関東の意地か。
とにかく中間は問題なく来ており輸送も上手く言っている様子。
陣営も鞍上も自信たっぷりだが、問題はその鞍上。
松岡騎手が自信のあることを口にするときは空回りすることが多い。
今回もそうならないといいのだが。
ヴィルシーナは前走勝ってマイルも走れることを証明。
ここでも十分通用する実力馬である。
阪神JFは除外されたが、今回やっとGTに参戦。
「今までで一番のデキ。出負けさえしなければ、一発あると思う」と陣営。
十分に勝ち負けである。
パララサルーは三連勝と勢いに乗る関東馬の期待の星。
今回のディープ産駒の中で唯一三連勝している実力馬で期待十分。
栗東入った直後は全然カイバを食べず馬体が減ったが、環境になれて場体も戻りつつある。
アパパネ以上の実力があると一部で噂。
その噂に違わぬ走りを期待する。

で、なる五郎の予想は以下のとおり
本命◎はジョワドヴィーヴル。
○はジェンティルドンナ。
▲はサウンドオブハート。


馬連 10−17 13−17 11−17 15−17 5−17
枠連 5−8 7−8 6−8 3−8