天皇賞(GT)

京都11R 距離3200m(芝・外回り)
枠番馬番馬名騎手
ビートブラック石橋脩
トウカイトリック幸英明
ナムラクレセント和田竜二
モンテクリスエス>武
ジャガーメイル四位洋文
ゴールデンハインド荻野琢真
ユニバーサルバンク田辺裕信
ギュスターヴクライ蛯名正義
コスモロビン柴田大知
10 ケイアイドウソジン川田将雅
11 ウインバリアシオント武豊
12 クレスコグランド浜中俊
13 フェイトフルウォー柴田善
14 ローズキングダム後藤浩輝
15 ヒルノダムール藤田伸二
16 トーセンジョーダン岩田康誠
17 トウカイパラダイス柴山雄一
18 オルフェーヴル池添謙一


オルフェーヴル一強。
多くの新聞ではそう言われています。
前走逸走しての2着に怪物級との声もあります。
まともに走ればまずこの馬で間違いないでしょう。
ただ、直線でモタれてヒルノダムールの邪魔をしたことは気になるところ。
逸走よりもこちらが気に掛かります。
とはいえ、陣営からは鞍上の池添騎手の油断、注意して乗ればまともに走っていたとも言われています。
ここでチョンボしたら間違いなく乗り代わり、鞍上も気を引き締めて来るでしょう。
ただし後方からの競馬で包まれたら届かないこともあるかも。
どこまでいつもどおりの競馬ができるかが鍵となる。
そんなオルフェーヴルに対抗できるのはヒルノダムール、トーセンジョーダン、ウインバリアシオン。
ヒルノダムールは前走後、昆調教師が審判員に「あれは失格だろ!」と詰め寄ったという話。
「あんな悪癖のある馬に凱旋門賞なんて行って欲しくない」「日本の恥じ」とも言ったと聞きます。
それくらい前走の直線での不利が頭にきている様子。
鞍上も表向きには影響はないといっていますが内心はカチンと来ていたのでは?
そんな陣営が打倒オルフェーヴルに燃え、最高の仕上げになっている。
もちろん二連覇も掛かっているので否応無しに力が入るのも頷ける。
不利がなければ十分勝ち負けもありえる。
トーセンジョーダンも侮れない一頭。
去年の暮れの成績でもわかるとおり実力はある。
有馬記念は疲れからあのような結果になったが疲労の取れた今なら十分勝ち負け。
陣営はオルフェとのワンツーを狙っているとか。
鞍上も手ごたえを感じている様子でGTで勝ち星を挙げている岩田騎手は侮れない。
ウインバリアシオンは前走は使うと思っていなかったため主戦の安藤騎手は乗らずに武騎手へ。
ネコパンチに逃げられましたが仕上がり途上で2着は実力あることの証明。
今回はきっちり仕上げての参戦に上積みも期待できる。
陣営も強気の発言で鞍上も久々に狙っている様子。
十分上位を狙える。
他に気になる馬は前残りのあるナムラクレセント、勢いのあるギュスターヴクライ、穴狙いにフェイトフルオー。


で、なる五郎の予想は以下のとおり
本命◎はオルフェーヴル
○はヒルノダムール
▲はトーセンジョーダン


馬連 15−18 16−18 11−18 3−18 8−18 13−18
枠連 7−8 8−8 6−8 2−8 4−8