NHKマイルカップ(GT)

東京11R 距離1600m(芝・左回り)
枠番馬番馬名騎手
メジャーアスリート池添謙一
ネオヴァンクル北村友一
レオアクティブ蛯名正義
モンストール柴田善臣
カレンブラックヒル秋山真一郎
シゲルスダチ後藤浩輝
ハナズゴール田辺裕信
マウントシャスタ岩田康誠
セイクレットレーヴ横山典弘
10 ブライトライン安藤勝己
11 マイネルロブストカ松岡正海
12 クラレント小牧太
13 オリービン川田将雅
14 ジャスタウェイ福永祐一
15 サドンストーム勝浦正樹
16 ガンジス藤岡佑介
17 アルフレードC.ウィリアムズ
18 レオンビスティー内田博幸


先週はビートブラックが勝ちオルフェーブルが掲示板にも乗らないと言う波乱が起き高配当。
オルフェーブルは敗因がわからずとりあえず宝塚を目指すがレース結果次第で凱旋門は消えるでしょう。

さて、今回はこうメンバーの揃ったNHKマイルC。
毎回高配当が出ていますが連休中であり新聞などの情報が少ない分、その情報に惑わされての高配当ではないかと推測されます。
とはいえ、ネットの情報などから推測して予想を。

前日の1番人気はカレンブラックヒル。三戦無敗で人気があるようだ。
朝日FSを勝ったアルフレードは休み明けは負け過ぎた感があるが叩いた上積みは期待できる。
桜花賞は無念の回避でリベンジにかけるハナズゴール。
毎日杯2着ながらも強い競馬をしたマウントシャスタ。
他にも気になる馬はいる。
その筆頭のカレンブラックヒルだが鞍上と厩舎にはベッラレイアであと一歩でGTを逃したと言う苦い思い出が。
当時手がけていた厩務員が今回も手がけておりこのレースにかける意気込みは相当なもの。
9センチに泣いたオークス以来の悲願達成に向け全てが順調に着ている。
あとはこの馬の力を出し切れば間違いなく勝てる。
アルフレードは朝日FS後休みに入りスプリングSから始動。
前走は久々に加え帳尻合わせに追い切ったのが強すぎたためと道悪が思っていた以上に不得手だったのが敗因。
無敗と言うプレッシャーから開放された今回は無理のない調教でここに来ている。
皐月賞もパスをしたのも良かったようで良馬場なら十分勝ち負け。
鞍上も昨年の覇者C.ウィリアムズと言うこともあり外枠ではあるものの期待が持てる。
ハナズゴールは球節痛めたことで桜花賞を急遽回避。
その後は直前まで迷った末、ここに挑戦。
できは桜花賞ほどではないがチューリップで勝ったときにはあるそうだ。
東京のマイル戦に替わる事は好材料、牡馬に混ざっても気持ちの強さは負けないとは厩舎のコメント。
このメンバーでどこまでやれるか楽しみではある。
マウントシャスタは池江厩舎の3歳世代の3本柱の一頭。
能力はワールドエースにも引けを取らないということで期待の星である。
前走は外から捲くって良い競馬をしていたが最後内に入りヒストリカルの末脚に屈して惜敗。
早く動いたのも裏目に出て池添騎手から岩田騎手へ乗り代わり。
前走は上手く乗っていれば間違いなく勝っていただけに巻き返しに力が入る。
他に気になるのはブライトライン、サドンストーム。

で、なるみ五郎の予想は以下のとおり
本命◎はカレンブラックヒル
○はマウントシャスタ
▲はアルフレード

馬連 5−8 5−17 5−7 5−10 5−15
枠連 3−4 3−8 3−5 3−7 4−8