ヴィクトリアマイル(GT)

東京11R 距離1600m(芝・左回り)
枠番馬番馬名騎手
マルセリーナ田辺裕信
レディアルバローザ福永祐一
キョウワジャンヌ柴田善臣
マイネイサベル松岡正海
アニメイトバイオ北村宏司
スプリングサンダー四位洋文
アパパネ蛯名正義
クィーンズバーン内田博幸
グランプリエンゼル三浦皇成
10 フミノイマージン池添謙一
11 アプリコットフィズ田中勝春
12 ホエールキャプチャ横山典弘
13 チャームポッ柴山雄一
14 オールザットジャズ藤岡佑介
15 (外)エーシンハーバー武豊
16 ドナウブルーC.ウィリアムズ
17 レインボーダリア石橋脩


先週はカレンブラックヒル、アルフレードで取らせて頂きました。
今週はGT馬が二頭と少ないですが、勢いのある若手やGT馬に引けをとらないメンバーが揃い面白くなりそう。
まずはGT馬から。
アパパネは前走初の千四百で休み明けと言うことで予想通りの結果といって良い。
この馬は元々休み明けは走らないので、完全な叩き台だろう。
結果は度外視してもいいと思う。
最近は闘争心がなくピークが過ぎたのではと言われている。
牝馬の場合、一度崩れると建て直しが難しい。
今年で引退のため実績馬としてはなんとしても復活して欲しいところ。
中間のハードな責めも闘争心に火をつけるのが目的な気がする。
動きに迫力が出て素軽さも見られ陣営もやれることはやったとのこと。
叩き二戦目はきっちり結果を残しているだけに侮れない。
もう一頭のGT馬マルセリーナは、復調の気配が前走で見られた。
体重減で出走した中での二着は好走したといって良い。
陣営も細いのではなく研ぎ澄まされた感じの体と不安視はしていない。
中間も予定通りに消化しこれで負けたら先が暗くなると自信満々。
先週は鞍上予定の岩田騎手が自信のあるコメントをしていた。
唯一の不安はその岩田騎手が騎乗停止で乗り変わったこと。
ゲートの出が良い訳ではないので田辺騎手が上手く乗れるかどうかに掛かっている。
今の二頭なら勝てるんじゃないかと思わせる馬はホエールキャプチャ、オールザットジャズ、キョウワジャンヌ、フミノイマージン、レディアルバローザ。
ホエールキャプチャは惜しいレースが多いが実力的には引けをとらない。
前走は久々で太目、斤量も背負ってでは5着も仕方なし。
鞍上、陣営ともに久々が敗因と口にしている。
今回は叩いた分上積みは有り、悲願のGT獲得も。
オールザットジャズは昨年のエリザベス女王杯以降に開花した馬。
どうやらエリザベスが刺激になった模様で以降の連対率は高い。
前走も横綱相撲で勝って、今が一番充実している。
厩舎も自信ありでデキも100%に近い内容とのこと。
鞍上も強気の発言でちょっと自信過剰なところが。
初の戴冠だけにその自信が思わぬこちにならなければ良いが。
キョウワジャンヌは昨年の秋華賞で2着した馬。
マイルCSは秋華賞がピークのため大敗。前走は出遅れで負けとニ走で評価を落としている。
しかし実力的にはここでも引けをとらずニ走で見限るのは早い気がする。
鞍上も柴田騎手に代わり、評価の落ちた今が馬券妙味かも。
勝つのは難しいかもしれないが連対の可能性は十分ある。
フミノイマージンは太宰騎手のお手馬。
東京新聞杯で手ごたえを掴んだが無念の乗り代わり。
池添騎手はオルフェの傷心覚めやらぬ状態だが、乗った手ごたえは十分合ったようでワクワクするとのこと。
ここで勝って復調したいところである。
レディアルバローザは昨年の3着馬であり、オークスでは4着と好走している。
しかも昨年は内で上手く走っての3着だから同じような枠の今回も十分連対する可能性がある。
中山牝馬Sでは逃げ切って快勝し復活したことを見せた。
しかし前走が見事な勝ちっぷりだったため、ガス抜きが必要と阪神牝馬に出走。
結果は10着だが上手くガス抜きができたようだ。
全盛期のアパパネ、ブエナビスタを相手に3着のこの馬。
人気がない分、馬券的に面白い。
他に気になるのは輸送失敗した事のあるドナウブルー。
実力的にここでも通用しそうだが、輸送での馬体重減が問題。
陣営は太めで輸送するとのことだが、大幅減なら……。
当日の馬体重で取捨したほうが良い。


で、なるみ五郎の予想は以下のとおり
本命◎はマルセリーナ
○はアパパネ
▲はオールザットジャズ


馬連 1−7 1−14 1−12 1−3 1−10 1−2 1−16
枠連 1−4 1−7 1−2 1−1 1−5 1−8