日本ダービー<東京優駿>(JpnT)

東京10R 距離2400m(芝・左回り)
枠番馬番馬名騎手
スピルバーグ横山典弘
ヒストリカル安藤勝
ゼロス川田将雅
ジャスタウェ秋山真一郎
ベールドインパクト藤岡佑介
ゴールドシップ内田博幸
コスモオオゾラ柴田大知
ワールドエース福永祐一
エタンダール松岡正海
10 ディープブリランテ岩田康誠
11 フェノーメノ蛯名正義
12 トリップ田辺裕雅
13 クラレント小牧太
14 トーセンホマレボシC.ウィリアムズ
15 ブライトライン佐藤哲三
16 モンストール柴田善臣
17 グランデッツァ池添謙一
18 アルフレード武豊


ダービーです。
先週は桜花賞馬で決まりました。
今週は皐月賞馬で決まるのでしょうか?

ゴールドシップ、ワールドエース、ディープブリランテの三頭に加え、
毎日杯を勝ったヒストリカル、青葉賞勝ちフェノーメノ、京都新聞杯を勝ったトーセンホマレボシ。
朝日FSを勝ったアルフレードもいて混戦模様と思われる。
そんな中で頭一つ抜けているのはワールドエース。
皐月賞はスタートで躓き外外での2着。
併せていたら勝った可能性は高い。
内を通ったゴールドシップの強さと内田騎手の好騎乗に負けたが福永騎手が上手く乗れば逆転もありえる。
順調にきていて実力が出し切れれば十分勝てる。
後はオルフェーブルの大敗以降、乗り切れていない福永騎手がしっかり乗れるかがポイント。
皐月賞馬ゴールドシップは皐月賞と変わらず調子はいい。
内田騎手が珍しく強気な発言をしているというから2冠も十分ありえる。
ディープブリランテは騎乗停止だった岩田騎手が稽古にまたがり念入りに調整してきた。
前回乗りミスで負けたと言う岩田騎手が挽回をと力が入っているそうでこういうときの岩田騎手はきっちり仕事をする。
ただ気になるのは距離に不安があるということ。
ディープ産駒なのでこなせるとは思うが陣営もそのことを不安視している。
しかし3歳馬同士なら能力でカバーできるとも。
ここでも侮れない存在である。
同じくディープ産駒のヒストリカルは毎日杯で究極の仕上げで勝ちその後は体を戻すために放牧へ。
ここを目標一本で仕上げてきた。
とはいえ、実力はまだ開花しておらずスタミナにも不安が残るが鞍上の安藤騎手がここ一本に絞っている。
勝つのは難しいかもしれないが連に絡む可能性はある。
フェノーメは青葉賞を完勝し名乗りを上げたが実力的には皐月賞馬が上か。
それでも東京で3戦3勝と得意としているのが一発を予感させる。
鞍上も悲願のダービー制覇に気合十分。
陣営、鞍上とここにかける思いは強い。
トーセンホマレボシも厩舎側がワールドエース級と期待している馬。
スタミナが持ち味でスタミナ勝負ならここでも十分通用する。
一戦毎に成長してここまで来た。
鞍上はアルフレードに騎乗する予定だったが身元引受人の依頼でこちらに。
実力的にはアルフレードというウイリアムス騎手。
しかし「ダービー後の11Rは表彰式だから空けておいてほしい」と話もあることから自信はあるようだ。
流れ次第では一発がある。
そのアルフレードは復活の兆しを前走で見せ、状態も申し分なし。
良馬場で迎えられるのも好材料ではある。
が、距離に不安があり鞍上の武騎手にも最近の騎乗から不安がある。
それでも無敗で朝日FSを勝った馬。侮ることはできない。
他に気になるのはグランデッツァ、コスモオオゾラ、エタンダール。


で、なるみ五郎の予想は以下のとおり
本命◎はゴールドシップ
○はワールドエース
▲はトーセンホマレボシ


馬連 6−8 6−14 2−6 6−10 6−11 6−18 6−17 6−7 6−9
枠連 3−4 3−7 1−3 3−5 3−6 3−8