宝塚記念(GT)

阪神11R 距離2200m(芝・左回り)
枠番馬番馬名騎手
ウインバリアシオン岩田康誠
ショウナンマイティ浜中俊
ヒットザターゲット古川吉洋
マウントシャスタ川田将雅
スマイルジャック田辺裕信
エイシンフラッシュ内田博幸
ルーラーシップC.ウィリアムズ
アーネストリー佐藤哲三
ビートブラック石橋脩
10 ナカヤマナイト柴田善臣
11 オルフェーヴル池添謙一
12 フェデラリスト蛯名正義
13 モンテクリスエス幸英明
14 ホエールキャプチャ横山典弘
15 トゥザグローリー福永祐一
16 ネコパンチ江田照男


さて、春のGTもラストになりました。
オルフェーブルが天皇賞で大敗。未だ7割のデキとのこと。
ただしブラフの可能性も否めないが、ステイゴールド産駒は気性が難しいと言う話もあり言葉どおりの可能性も。
走るまでどうなるかわからない状態では軸にはできない。
能力的には問題ないが果たして能力だけで勝つことができるのか?
注目している馬は、ウインバリアシオン、ルーラーシップ、エイシンフラッシュ。
ウインバリアシオンは前走は後ろからの競馬で3着。
能力的には十分勝てるのだが、位置取りが悪かった。
引き続き好調を維持し、タイトルを狙えるレベルにある。
そんな鞍上に好調岩田騎手が騎乗。
ディープブリランテ同様馬とコンタクトを取る為に騎乗している。
この春のGTは一番人気が裏切っている。
有力馬がパッとしないなら騎手から選んでみるのも一つの手。
再び人馬一体のレースを見せて「見事戴冠」も夢じゃない。
同じく騎手で選んだルーラーシップ。
香港で悲願のGTを制覇し、次は国内のGT取りを目指す。
相手に恵まれたとはいえ、実力はトップクラスにある。
帰厩してからも調子は好調で状態は良い。
その鞍上にはウィリアムズが騎乗。
来日して重賞をいくつも取ってはいるが、GTがまだ取れていない。
英国で騎乗依頼があったが断ってこちらを選んだところに並々ならぬものを感じる。
ウィリアムズサイドの話ではここに勝って、秋の騎乗確保をしたいとの事。
凱旋門賞に出走予定なので騎乗したいとの事で相当力が入っている様子。
先々を見て負けられない一戦である。
エイシンフラッシュも帰国後初の実戦で不安視されるが状態は良いとの事。
鞍上もダービーを制覇した時の内田騎手と再コンビならGT2勝目もありえる。
状態も良く完全復活なるか。
他に気になるのはショウナンマイティ、アーネストリー、ホエールキャプチャ、トゥザグローリー。
馬券は買わないが注目してるのはネコパンチ。
大逃げを宣言している今回、この馬の逃げ方によってレースの展開は変わるのでそこに注目。

なる五郎の予想は以下の通り。
本命◎はウインバリアシオン
○はルーラーシップ
▲はエイシンフラッシュ

馬連 1−7 1−6 1−2 1−8 1−11 1−114 1−15
枠連 1−4 1−3 1−1 1−6 1−7 1−8