スプリンターズS(GT)

中山11R 距離1200m(芝・外回り) 3歳以上
枠番馬番馬名騎手
グランプリボス内田博幸
フォーエバーマーク村田一誠
アドマイヤセプター四位洋文
サンカルロ吉田豊
マヤノリュウジン池添謙一
ドリームバレンチノ松山弘平
ハクサンムーン酒井学
パドトロワ勝浦正樹
サドンストーム武豊
10 ロードカナロア岩田康誠
11 スギノエンデバー蛯名正義
12 アウトクラトール伊藤工真
13 サクラゴスペル横山典弘
14 マイネルエテルネル柴田大知
15 (地)マジンプロスパー福永祐一
16 シルクフォーチュン戸崎圭太


秋のGTが開催されます。
去年の秋は良い結果で終わりましたが、今年の春は散々でした。
なので今回は巻き返せるように予想していきたいと思います。

さて、今回は王者ロードカナロアが出走します。
前走は2着と負けましたが、私の予想通りでした。
ここを本番と見据えた前走は叩き台であり、7割の出来という陣営の言葉を信じれば負けるだろうとの予想。
メンバーからハクサンムーンの勝ちという予想通りの結果に幸先いいスタートが切れたのではないかと思っています。
そのカナロアですが、前走は7割でも勝てる見込みだったそうです。
それが負けてしまい目イチの仕上げて死角なしの状態。
連覇は間違いないでしょう。
軸はカナロアから行きたいと思います。
対抗馬として気になるのは、グランプリボス、ドリームバレンチノ、ハクサンムーン、マジンプロスパー。
グランプリボスはマイルのGT二勝場でスプリンターは疑問が付きそうですが、サクラバクシンオー産駒で血統的には十分通用します。
ちなみにバクシンオーはGT昇格前のスプリンターSで連覇しています。
それを考えれば十分通用すると言えるのでは?
安田記念で負けている雪辱もあり陣営は目イチの仕上がりで来てる模様。
上位に食い込むことは確かで親子で制覇の可能性もなくはない。
ドリームバレンチノは前走三着で、しかも前二頭とは離されていた。
前走からどれ位上積みあるか解らないがその差はあまり縮まらないとみていい。
とはいえ、実力はあるので二着に来る可能性は高い。
ハクサンムーンは前走はサマースプリントを取るために勝ちに行く競馬をし見事勝った。
上積みはあまり期待できないが全くないとは言い切れない。
前回より上昇しているようならば前走の再現もありえる。
逃げ宣言のフォーエバーマークと競り合って騎手がムキにならなければ面白くなりそうだ。
マジンプロスパーは前走勝った後、キーランドCを目指したが夏バテで回避。
もともと叩いてガラッと変わる馬ではないのでこれが功を奏したよう。
状態は申し分なく勝ち負けが期待できる模様。
ハクサンムーンにも勝っているので一発も十分ある。
他に気になるのは、アドマイヤセプター、パドトロワ、サクラゴスペル。


なる五郎の予想は以下のとおり。
本命◎はロードカナロア。
○はグランプリボス。
▲はハクサンムーン。


馬連 1−10 7−10 6−10 10−15 3−10 8−10 10−13
枠連 1−5 4−5 3−5 5−8 2−5 5−7