秋華賞(GT)

京都11R 距離2000m(芝・内回り) 3歳以上牝馬
枠番馬番馬名騎手
スマートレイアー武豊
シャトーブランシュ北村友一
ティアーモ川田将雅
コレクターアイテム秋山真一郎
セキショウ吉田豊
ウリウリ浜中俊
トーセンソレイユI.メンディザバル
マコトブリジャール柴田大知
ノボリディアーナ幸英明
10 サクラプレジール福永祐一
11 リボントリコロール横山典弘
12 エバーブロッサム戸崎圭太
13 リラコサージュ池添謙一
14 デニムアンドルビー内田博幸
15 ビーナストリック津村明秀
16 メイショウマンボ武幸四郎
17 ローブティサージュ岩田康誠
18 セレブリティモデル松山弘平


前回は馬連と枠連で当たりましたがマイナスでした。
それにしても15番人気が三着とは……。

今回はプラスになるように予想したいと思います。
ちなみに前回書き忘れましたが
お試し予想を春に続いて行っています。

さて今回は秋華賞です。
去年のような強い馬はいないので予想しにくいです。
特に今年の三歳馬は団子状態なのでどれが来てもおかしくありません。
そんな中気になる馬は、スマートレイアー、トーセンソレイユ、ノボリディアーナ、エバーブロッサム、
デニムアンドルビー、メイショウマンボ、ローブティサージュ。
その中で一つ抜けてるのはスマートレイアー、トーセンソレイユ、メイショウマンボ、ローブティサージュ。
スマートレイアーはデビューが遅れて春のクラシックには間に合わず。
それでも能力が高いところはこれまでの競馬で証明している。
ただ前走はココで勝てなきゃ秋華賞は出走できないということで目イチの仕上げ。
反動と上積みがあるかどうかがポイント。
トーセンソレイユは桜花賞、オークスで案外な結果であったが一夏越してカイバを食うようになり体がしっかりしてきた。
前走は太目残りで馬場の影響もあり大負けしたが叩いた上積みがあり体が絞れてきた。
春はカイバを食べずに馬体維持がメインだったが、食べるようになって前走後もしっかり調教できた模様。
今回は期待が持てる。
メイショウマンボは前走トライアル使用で明らかに調教不足。
それでも四着と負けて強しの印象。
今回はみっちり調教して本番使用。
鞍上がヘマさえしなければ二冠目も取れる。
ローブティサージュは春は使い詰めてイライラするところがあり結果がでなかった。
秋はゆとりを持ったローテで阪神JFに近い状態だろう。
前走叩いた上積みが期待でき馬体も大きく減らなければ十分勝ち負け。


で、なる五郎の予想。
本命◎はメイショウマンボ
○はスマートレイアー
▲はトーセンソレイユ


馬連 1−16 7−16 16−17 9−16 12−16 14−16
枠連 1−8 4−8 8−8 5−8 6−8 7−8