菊花賞(GT)

京都11R 距離3000m(芝・外回り)
枠番馬番馬名騎手
マイネルフロスト柴田大知
トーホウジャッカル酒井学
サングラス古川吉洋
サウンズオブアース蛯名正義
シャンパーニュ松山弘平
ショウナンラグーン吉田豊
トーセンスターダム武豊
ワールドインパクトP.ブドー
ハギノハイブリッド福永祐一
10 ゴールドアクター吉田隼人
11 アドマイヤランディ藤岡康太
12 タガノグランパ菱田裕二
13 ミヤビジャスパーズ池添謙一
14 トゥザワールド川田将雅
15 ワンアンドオンリー横山典弘
16 サトノアラジン浜中俊
17 ヴォルシェーブ岩田康誠
18 メイショウスミトモ武幸四郎


先週はやっぱり一番人気がダメでした。
菊花賞は逆に一番人気が安定しています。
さて、どうなることでしょう。

今週は菊花賞で三千という長丁場。
その中であっても一番人気はダービー馬ワンアンドオンリー。
前走神戸新聞杯は辛勝でしたが、さすがダービー馬と言う走りは見せました。
少し不満が残りますが、叩いた上積みは期待できます。
距離さえ克服できれば間違いなくこのメンバー一。
外す理由はない。
他に注目馬はトーホウジャッカル、サウンズオブアース、ショウナンラグーン、トーセンスターダム、ゴールドアクター、タガノグランパ、トゥザワールド。
トーホウジャッカルは、神戸新聞杯三着で振りがなければ勝っていたかもと思わせる内容。
内枠でロスなく走れれば逆転もあり得る。
サウンズオブアースは神戸新聞杯二着。
イスボラニータが天皇賞に周ったためこの馬に乗ることになった蛯名騎手。
当初はテンションが低かったそうだが、追い切りに跨って評価一変。
大絶賛と言うことで素質は十分。
上手く立ち回れば上位進出は十分ある。
ショウナンラグーンは前二走いまいちな着順だが、距離延長に強みが。
折り合いがつくから三千も問題ないとみる。
また、内回りから外回りになるのも好材料。
上位に食い込む可能性は十分ある。
トーセンスターダムは前走は完全な叩き台。
見せ場らしい見せ場がないので人気が薄くなるなら美味しい。
叩いた上積みがありグンと良くなっている。
一発の雰囲気がある。
ゴールドアクターはここを目標に二千六百に出生して二戦二勝。
距離に不安がないことを示した。
まだまだ発展途上ではあるが、スタミナがあり良い位置で競馬ができれば十分上位に行ける。
高配当を狙うなら押さえておきたい。
タガノグランパは外枠で壁を作れなかったが我慢して三着と距離への不安はないことを証明。
精神的にも成長し好調だという。
まだまだ良くなる可能性はあるが、三着までなら十分ある。
不安材料は経験の浅い三年目の菱田騎手。
上手くさばければ上位に来るだろう。
トゥザワールドはセントライトで二着。
イスボラニータに負けたが、いないこのレースなら十分勝ち負けも。
大崩れる要素もないので押さえておきたい。


で、なる五郎の予想。
本命◎はワンアンドオンリー。
○はショウナンラグーン。
▲はタガノグランパ。


馬連 6−15 12−15 14−15 2−15 4−15 10−15 7−15
枠連 3−7 6−7 7−7 2−7 4−7 5−7