天皇賞・秋(GT)

東京11R 距離2000m(芝・内回り)
枠番馬番馬名騎手
コディーノU.リスポリ
ナカヤマナイト柴田善臣
ダイワファルコン川須栄彦
トゥザグローリー池添謙一
レインスティック武士沢友治
エイシンフラッシュM.デムーロ
ジャスタウェイ福永祐一
ヒットザターゲット北村友一
ジェンティルドンナ岩田康誠
10 トーセンジョーダンI.メンディザバル
11 トウケイヘイロー武豊
12 フラガラッハ高倉稜
13 (外)アンコイルド吉田隼人
14 オーシャンブルー内田博幸
15 レッドスパーダ蛯名正義
16 ダノンバラード川田将雅
17 ヴェルデグリーン田辺裕信


トップクラスの馬が少ないが一流馬は揃っている天皇賞・秋。
エイシンフラッシュ、ジェンティルドンナほ筆頭にトウケイヘイロー、ジャスタウェイ、アンコイルド、ヴェルデグリーンと注目馬は多い。
エイシンフラッシュは前走天皇賞連覇に向けて幸先いいスタートを切った。
目標はあくまでココだったため勝ちに拘らない雰囲気の陣営だったが、思っていた以上の成長で勝ち最高の形で本番を迎える。
鞍上は昨年勝った時に騎乗したデムーロ。
デムーロとのコンビで連覇は十分狙える。
ジェンティルドンナは宝塚記念の後休みに入った。
その宝塚記念も海外遠征の疲れが残っていての3着と実力敵にはこのメンバーなら一歩上。
今回は宝塚記念とは違い思い通りの調教ができた模様。
あとは馬場状態が悪くなければ間違いなく勝つだろう。
トウケイヘイローは重賞三勝で名乗りを上げた上がり馬。
良馬場、重馬場問わず逃げ切り勝ちした実力馬でここでも十分通用する。
馬場状態が悪ければ他の馬が苦にする分、有利に逃げ切れるだろう。
ここを目標にしてきたので状態は申し分なし。
天皇賞で逃げ切りは難しいがこの馬なら逃げ切る可能性もある。
ジャスタウェイはここ数戦惜敗続き。
それでも去年以上に成長を見せてどんなレースでも崩れることはない。
ただ心配は鞍上のみ。鞍上の時は出遅れているので今回も出遅れるようなら惜敗で終わる可能性も。
それでも大崩れはしないので馬券に絡む可能性は高い。
アンコイルドはここ三戦好走している上がり馬。
実力的には厳しいが馬券に絡む可能性は高い。
陣営によれば調子は上がっているということなので人気内分馬券に妙味有り。
ヴェルデグリーンは、前走前までは爪の心配があり爪を気にしながらの調教だった。
だが休みの間に爪の悪いところをそぎ落として完治させた。
その影響がすぐに出て前走を9番人気ながら勝ち。。
オルフェーヴル、ゴールドシップのいない今なら十分狙える馬である。
ただし、大外であることと馬場状態が懸念材料。
特に馬場状態が悪いようなら割り引く必要がある。
他にコディーノ、トゥザグローリー、馬場によってはナカヤマナイトにダノンバラードを。


で、なる五郎の予想。
本命◎はエイシンフラッシュ。
○はジェンティルドンナ。
▲はトウケイヘイロー。


馬連 6−9 6−11 6−7 6−13 6−17 1−6 4−6 2−6 6−16
枠連 3−5 3−6 3−7 3−8 1−3 2−3