エリザベス女王杯(GT)

京都11R 距離2200m(芝・外回り)
枠番馬番馬名騎手
オールザットジャズM.バルザローナ
ディアデラマドレ藤岡康太
メイショウマンボ武幸四郎
ミッドサマーフェア福永祐一
ホエールキャプチャ蛯名正義
ハナズゴール武豊
アロマティコ三浦皇成
マルセリーナM.デムーロ
ヴィルシーナ岩田康誠
10 エディン藤田伸二
11 タガノイノセンス幸英明
12 セレブリティモデル松田大作
13 レインボーダリア和田竜二
14 デニムアンドルビー内田博幸
15 スピードリッパー<秋山真一郎
16 セキショウ吉田豊
17 トーセンアルニカ池添謙一
18 ラキシス川田将雅


天皇賞はジャスタウェイが勝ちお試し予想は外れ。
前回よりは持ちましたが0円になりました。
次回春には勝ち切りたいと思います。

さて、今回のエリザベス女王はジェンティルドンナはいませんが牝馬最強を決めるレース。
GT馬の仲間入りしたヴィルシーナ、復活の兆しのあるホエールキャプチャ古馬勢とメイショウマンボを筆頭とする3歳馬の戦いです。
古馬筆頭は何と言っても実績馬ヴィルシーナ。
秋はここを目標にしており休み明け前走も叩き台でしかない。
陣営も結果は織り込み済みで上積みのある今回は気合十分。
中韓も順調に来ており不安らしい不安はない模様。
唯一の懸念材料は当日の雨。
馬場が渋るようだと去年のように足元をすくわれる可能性も。
当日の馬場状態が気になるところ。
ホエールキャプチャは展開が向いたとはいえ横綱相撲で前走を勝ち。
状態も良く実力を出せればここでも期待はできそう。
ただし、マイル向きのところがあり距離延長はどうか?
加えて雨で馬場が渋ると掲示板がやっとか。
陣営も良馬場ならと一抹の不安がある模様。
馬場状態で取捨選択を。
メイショウマンボはオークス、秋華賞とGT2勝達成。
3歳馬では間違いなくトップクラスの実力馬である。
とはいえ、秋華賞が目標だったためここでは余力がどこまであるか。
上積みは期待できないが、状態はキープしている模様。
馬場が渋っても不良馬場でなければ苦にする方ではないので3つ目の冠を手にする可能性も。
実力的には勝ち負けできるものを持っている。
他に気になるのはアロマティコ、デニムアンドルビー、ラキシス。
どこまで上位馬に食い込めるか。

で、なる五郎の予想。
本命◎はヴィルシーナ
○はメイショウマンボ
▲はホエールキャプチャ

馬連 3−9 5−9 7−9 9−14 9−18
枠連 2−5 3−5 4−5 5−7 5−8